09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

趣味悠々

趣味のはなし

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

全豪オープンテニス 

久しぶりにスポーツ観戦記を。

昨日、錦織選手の試合がありました。出勤するまでの間だったので全部は見れませんでしたが、8割くらいは見れたのでえらそうに感想など述べてみたいと思います。

対戦相手はバブリンカ(ワウリンカ)選手ですね。現在世界ランク4位で錦織選手の5位より上に位置しています。それと延年の全豪オープンの覇者ですね。完全に格上の相手になります。

全体的に見てミスが多かったのと、ストローク戦に持ち込めなかったのが痛かったですね。入り方がとか調子云々と言ったことではなく、単に相手が上だったと感じました。サーブは強烈だし返ってくるボールの重さや深さ、どれを見ても一枚も二枚も上だったと言う印象でしょうか。

ランク的に見て挑戦者として向かっていく気持ちが必要な中、勝者の戦い方になっていたように感じました。常に先手を取られていて対応が後手後手に回っていた印象です。戦う気持ちが感じられなかったと。ここら辺は松岡修造も同じような事を述べていますね。

テニスの4大大会なんていうのは選手皆が目指す場所ですから、簡単に勝ち抜くことは出来ません。現にフェデラーが2回戦、ナダルもベスト16で敗退しています。トップ選手ですら敗退していくわけですから、上に行くためにはある程度の運も必要になってきます。これはテニスに限らずトーナメントの場合はほぼ当てはまりますね。
ですが、コンスタントに勝ち上がっていけるようになれば、また決勝に進出することも出来るでしょう。下位の選手に対して取りこぼさず確実にモノにしていければと言ったところでしょうか。

錦織選手のゾーンに入ったときのテニスって言うのは見ていて本当に面白いしワクワクします。私は大好きです。フットワークは軽いしウィナーやパッシングショットも見ていてスカッとします。顔付きにしても自信が漲っています。それが見られなかったのが残念でしたね。次回に期待でしょうか。

それと、錦織選手に続く選手が出てきていないのが心配ですね。しばらく出てこないのでしょうか。松岡修造や伊達公子、杉山愛のときもそうでしたが、後進というのが出てこないものですね・・・。テニスと言う競技はそういう文化なんでしょうかね。不思議です。

テニス未経験者のど素人が偉そうに好き勝手述べてきましたが、スポーツ好きの一意見として受け流してもらえれば幸いです。日本人が世界で活躍しているなんて誇らしいじゃないですか。そういうことが当たり前になっていけばよいなと思っています。

それでは。
スポンサーサイト

Posted on 2015/01/29 Thu. 12:02 [edit]

スポーツ観戦  /  TB: --  /  CM: 0

サッカー 

明日は土曜日だと言うのに仕事って言う最もやる気の無くなるシチュエーションな分けですが皆さんどうお過ごしでしょうか?若い方なんかは、華の金曜日と言うことで飲みにでも行っているのでしょうか?家庭を持っている方は家族団らんでしょうか?中には、明日のライドに備えて準備を整えている方も居ることでしょう。まだお仕事の方もいらっしゃるのかも知れませんね。まぁ過ごし方なんていうのは、人それぞれですから余計なお世話と言うものですね。

そんな私ですが、お酒を飲みつつサッカーなんぞを見ておりました。日本もいつの間にか強くなったものですね。
私が中学生だった頃、Jリーグが開幕しました。サッカーのプロ化が始まったのです。サッカーが一番輝いていたときでしょうか?ゴールデンタイムでサッカー中継が当たり前のように放送されていた時代です。
その頃から見ているからか今の選手を見ても凄みは感じないのです。あの当時から見れば選手の実力は格段に上がり、レベルも比べ物にならないくらい上がっているのにです。

当時好きだった選手は、ベルディのカズ、武田、加藤久、横浜マリノスの松永成立、横浜フリューゲルスの森敦彦、エドゥー、モネール、清水エスパルスのシジマールなど若干癖のある選手が好きでした。これらの選手が輝いて見えていました。憧れと言ったほうが正しいのかな?当然、ドーハの悲劇でショックを受けた一人でもありました。
今、当時を振り返ってみるとサッカーバブルではありましたが新しい時代の始まりに居合わせられた高揚感と言うのか、未来が切り開かれていく可能性と言うものにワクワクしていたのだと思います。

今ではワールドカップに当たり前のように出られるようになって一応は応援したりしますが、イマイチ気持ちが入りきらない感覚に陥ってしまいます。あのワクワクした感情は湧いてこないのです。
私的に最高のワールドカップだった思っているのがアメリカ大会です。今でもこれ以上の大会は無いと思っています。
アメリカの躍進、マラドーナの禁止薬物使用による追放、エスコバル選手のオウンゴール。後に射殺されてしまったこと。決勝戦でのロベルトバッジオのPK失敗。挙げたらキリが無いくらいドラマのある大会でした。この大会を見てワールドカップって凄いんだ!って本当に本当に衝撃を受けたんです。だから日本がワールドカップに出ることで、その名を汚してしまう気がして仕方ないんですよ。間違いなく、現代のサッカーのほうが刺激的で、テクニカルでしょう。でも、私があの頃に受けた衝撃を超えることはないと断言できます。
あの頃の純粋な心は知らない間にどこかに行ってしまいました。今の淀んだ心では素直に感激することも出来ないでしょうから・・・。年をとるってホントに嫌ですね。

毎度、脈略の無い文章になってしまいました。今日はお酒を飲んでいるので輪をかけてひどくなっていますね・・・。
この状況じゃいつまで経っても終わらないと思いますので、今日はこの辺で。

結局何が言いたかったかというと、ワールドカップアメリカ大会最高!日本代表イマイチ。ってこと。
決して悪気は無いのであしからず。

Posted on 2015/01/16 Fri. 22:10 [edit]

スポーツ観戦  /  TB: --  /  CM: 0

残念・・・全米オープンテニス 

イヤ~残念でしたね。。。錦織選手。
今日は大事なところでミスが出ていたように感じます。
特に決めに行くショットでのミスが多かった印象です。ただ、攻めの形はできていたと思うので、最後の精度が上がっていけば問題ないと思いました。それでも、いつものプレーができなかったということは、プレッシャーがあったのでしょうかね。

恐らく初めてということで、本人にしか分からない『何か』があったのでしょうが、これは、あの場に立った人間だけが知れるものと思います。その部分だけでも、あの場に立ったことには十分に価値があったのではないでしょうか。
結果は残念でしたが、得られるものは多かったはず。それを、これからに生かしていければグランドスラム優勝も不可能ではないでしょう。そう考えるとワクワクしますね~。

錦織選手は現在24歳ですからピークは後2~3年でしょうか?
その間は楽しめそうですね(笑)

今日は相手の出来が良かっただけ。うまく切り替えて次につなげてほしいものです。

Posted on 2014/09/09 Tue. 09:35 [edit]

スポーツ観戦  /  TB: --  /  CM: 0

☆祝☆決勝進出 

遅くなってしまいましたが、錦織選手、とうとう決勝まで行きましたね。
イヤ~素晴らしい試合でした。起きて見ていた甲斐がありましたよ!
言うほどテニスに詳しいわけではないのですが、素人にも分かるほどキレキレだったと思います。
また、英語のインタビューが格好良かった!ペラペラですね。ペラペラ。

どちらかと言うと、良い所で怪我をしてしまうイメージが強くて、そのうち消えていってしまうものと思っていましたが、
全然そんなこともなく、順調にステップアップしているようですね。
今後、彼以上の選手は出てこないのではと思う反面、これを機にトップ選手がドンドン出てくるかもしれませんね。

それにしても、錦織選手を見出した松岡修造もすごいですね(笑)
島根県松江市出身ということですから、才能が発掘されず埋もれてしまっていても何ら不思議ではありませんね。
本人も相当の努力もしたでしょうが、いろんな人との出会いとか助けが会って今に至ってるんだなと考えると
才能のある人は自然と導かれるものなんだな~と不思議な感覚になりますね。

松岡修造に関しても、阪急東宝グループ創始者の小林一三の孫ですから将来は約束されていたなか、本当に好きなテニスを選ぶあたり常人には考えられない決断をしていますし、相当な覚悟を持って行動していたようですね。
詳しくは、wikiを見てください(笑)

今では、日本人選手が世界で活躍することも当たり前になってますが、一昔(10~20年)前までは珍しいことでしたね。
私ら年代はやっぱり、野茂秀雄投手ですね。トルネード旋風、懐かしいですね。日本人初のメジャーでホームランを打った選手でもあります(笑)それから、イチロー、新庄、松井秀樹がメジャーへ行きました。サッカーでは中田英寿ですかね。今ではインテルやらACミランやら。本当に一昔前では考えられないことですね。
とにかく、世界で頑張っている日本人を見ると誇らしく感じますね。

私は、世界にはまったく縁がなかったのでアレですが・・・。
オチもなく、締りのない終わり方ですが今日はこの辺で。

Posted on 2014/09/08 Mon. 15:47 [edit]

スポーツ観戦  /  TB: --  /  CM: 0

予定通り 

全国高等学校野球選手権大会静岡大会の準決勝を見てきました。場所は草薙球状です。
初めて行きましたが、近くに駐車場がなく東静岡駅周辺のコインパーキングに停めました。
意外と距離があったのとこの暑さで歩くのが大変でした。。。
連日の観戦で日焼けもひどくなってしまったので、日陰の席をと思っていましたが、ほぼ空きがない状態でしたが、
何とか確保することが出来ました。

さて、第一試合。
第一試合
若干、地味なカードではありますね。内容的には、掛川西高校が2回2点、4回と8回にも1点ずつ得点して文句ない試合運びで、掛川西が勝ち。決勝進出を決めました。日大三島については、東海大翔洋戦のように得点することが出来ませんでした。
良いところで一本が出ずに次第に焦ってしまったのでしょうか?得点の気配もあまり感じませんでした。

そして、二試合目
第二試合
密かに注目しておりました一戦です。勝ったほうが甲子園に行くと思っています。
内容的には、静岡が4回に3点5回に1点得点し、有利に進める展開。常葉橘も7回に相手のミスから3点返し、1点差とするも、その裏に2点取られてしまい万事休す。
記憶が曖昧な部分もありますが、常葉橘の7回の攻撃は、1アウト後に相手のミスからチャンスが広がりました。3点返した時点で2アウト3塁というチャンスだったのですが、後一本が出ませんでした。この時点で静岡の勝ちが決まったと思います。理由は、打線が抑えられていましたし、ピッチャーにまだ余力はありそうでした。かつ、連打が出ていなかったこと。に尽きると思います。
それにしても、静岡は非常にバランスの取れたチームですね。バットも振れている印象です。後はつまらないミスをしないことが大事でしょうか。

準々決勝で大量点をとったチームが良好とも負けてしまいました。しかも打線が繋がらずに。プロ野球にも良くあることですが、大量点で勝った次の試合で得点できないというのは、高校野球にも当てはまるのでしょうかね。

いずれにしましても、これで、決勝の2チームが決まりました。甲子園は目の前。選手たちは悔いの残らない戦いを!

それではまた。

Posted on 2014/07/29 Tue. 21:40 [edit]

スポーツ観戦  /  TB: --  /  CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンター

ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。