07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

趣味悠々

趣味のはなし

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

蓬莱橋(富士市)から由比へ抜ける道 

以前、何の気なしに走ってみたら思いの外良かったのでちょっと紹介してみたいと思います。

ざっくり説明すると静岡県道76号富士富士宮由比線を蓬莱橋から由比まで走る。と言うもの。

スタートは蓬莱橋です。富士方面からだと富士川楽座の前の道(県道10号線)を富士宮方面へ行くと着きますよ。
hbsk-DSC_0033.jpg

橋を背にして目の前の道を直進していくとすぐに路線番号が出てきますので目印にして下さい。
hbsk-DSC_0035.jpg

左手にセブンイレブンがある(2015年2月20日現在)交差点を直進します。
hbsk-DSC_0034.jpg

突然のどかな道になります。車通りも少なめで道幅もあるので走りやすいですよ。
hbsk-DSC_0039.jpg

ヤギがいたりします。橋からこの辺まではゆる~い上りです。
hbsk-DSC_0038.jpg

この辺りから勾配がきつくなってきます。
hbsk-DSC_0043.jpg

はたご池と言うのに物凄い惹かれますね。一度訪れてみたいものです。
hbsk-DSC_0046.jpg

細くなる箇所もありますので注意。ただこのようなところは数は少ないのでご安心を。
hbsk-DSC_0049.jpg

淡々と進んでいくと峠はすぐそこです。路面が綺麗なのでそんなに辛くはないですね。
hbsk-DSC_0051.jpg

そして峠に到着。
hbsk-DSC_0053.jpg

大代峠と言うみたいですね。遊歩道もあるようです。
hbsk-DSC_0055.jpg

解説でしょうか?興味のある方は読んでみてください。
hbsk-DSC_0058.jpg

このまま折り返しても良いですが、折角なので反対側へ下りてみます。
特筆するようなものはありませんが、前半部分は急勾配&テクニカル、後半の集落が出てくる辺りからは快走路です。
車も信号もありませんが、住民の方が歩いているかもしれませんので注意してください。
hbsk-DSC_0060.jpg

出た先はこちら。直進すると由比の街へ、左折すると旧国一です。
hbsk-DSC_0064.jpg


初めて走ったのは、2年前くらいになるでしょうか?丁度良い距離に程よい上りのルートを探しているときに見つけました。
さほど期待もしていなかったのですが、思いの外走りやすかったと記憶しています。ただ、中途半端な場所に位置しており今後も有効に活用することはないと思います。時間の無いときにとか、走り足りないときにとか、だいぶ限定された使い方になりそうです。

路面も綺麗だし、信号もないし、車通りもないし、程よい距離に程よい上り、勾配も強弱あって良い事尽くめなんですがね~。使い道がないと言うのが本当に残念なところ。あくまで私にとってはですけどね。w
有効に活用できる方も居ると思うので、その方はガンガン使ってもらえれば嬉しいです。

それではまた。

スポンサーサイト

Posted on 2015/03/04 Wed. 20:00 [edit]

tag: 蓬莱橋  由比  大代峠  快走路   
ルート紹介  /  TB: --  /  CM: 2

静岡県道192号線&薩埵峠 

体調がイマイチだったので家でゴロゴロ過ごそうと思っていましたが天気も良かったので自転車に乗ってきました。明日は雨みたいですし乗れるうちに乗っておかないと後々後悔するのもイヤなので・・・。

本日は静岡県道192号線を走ることにして、その後は適当に気の向くままにと言うことでゆるゆるライドにしてみました。

では早速。前半部分はこちらを参考に。

国道52号線を左折するところから。これを左折します。ちなみに直進すると以前紹介したルートになります。
skr-DSC_0187.jpg

左折したところ。これを左折。
skd192-DSC_0062.jpg

左折した橋の上から。景観は良いですね。
skd192-DSC_0065.jpg

ここから静岡県に入ります。
skd192-DSC_0068.jpg

しばらく悪路が続きます。道幅も狭いですので注意。特に車の場合、離合が困難ですので注意のして下さい。
skd192-DSC_0075.jpg

たまに2車線になったりします。
skd192-DSC_0072.jpg

突然、小さな集落が出てきたりします。本当に小さな集落で建物なんかは古かったりします。正にノスタルジー。この土地に住むことになった経緯など知りたくなってしまう私はゲス野郎ですね。w
skd192-DSC_0076.jpg

これを右に行くと以前紹介した15%の激坂を上ることになります。上った先は貫ヶ岳(かんがたけ) の登山口に出ます。
skd192-DSC_0084.jpg

集落を過ぎると一段と悪路になります。すれ違いなど出来ないのは一目瞭然ですね。w
skd192-DSC_0093.jpg

もはや林道。と言うかずっとこんな感じです。w
途中、一匹の犬が一心不乱にイノシシ?の足を食べていたのは良い思い出。w吠えられて涙目になったのはここだけの話。
skd192-DSC_0091.jpg

この辺りは、いつかの台風だか大雨の被害があったようで、その爪あとが随所に見られます。道路自体に影響は無いのですが、山や谷に目を移すと大体こんな感じですね。
skd192-DSC_0102.jpg
skd192-DSC_0107.jpg

上り勾配ではありますが、比較的緩めの道を進んでいきます。林道と言った様相ですが、ちゃんとした県道です。w
skd192-DSC_0109.jpg

この辺りはずっと1車線ですね。
skd192-DSC_0118.jpg
skd192-DSC_0115.jpg

看板等は設置されていませんピークです。
skd192-DSC_0120.jpg

後は下り。このようなテクニカルなコースが続きます。
skd192-DSC_0124.jpg

そんなこんなで、あっという間に52号線に合流。上手く大型トラックでドラフティング出来れば相当なスピードが出そうです。
そのまま太平洋自転車道へ合流。

駿河健康ランド前を走ります。
skd192-DSC_0132.jpg

早咲きの桜が綺麗に咲いていました。
skd192-DSC_0134.jpg

ちなみに、この健康ランドは自転車乗りに優しいようです。自転車ラックが設置してありますので汗を流すには良いかも知れません。なお、ブルベのスタート&ゴール地点に設定されたこともある模様。
skd192-DSC_0136.jpg

快走路を走ります。
skd192-DSC_0140.jpg

西倉沢と言う交差点の押しボタン式信号を渡り、踏み切りも渡ります。
skd192-DSC_0143.jpg
skd192-DSC_0145.jpg

渡った先の住宅街?庄屋街?を抜けていきます。道幅が狭い上にJRのさわやかウォーキングが開催されていたりしますので歩行者には注意。。
skd192-DSC_0147.jpg

このまま帰るのでは物足りないので薩埵峠に行ってみることにしました。
skd192-DSC_0148.jpg

いきなりのこの勾配。w上りきれるでしょうか?
skd192-DSC_0149.jpg

距離が短くて助かりました。相当な勾配でしたが何とか足つきなしで上りきれました。そして、あの有名な薩埵峠の写真をカメラに収めました。天気が良くきれいな富士山を納めることが出来ました。
skd192-DSC_0155.jpg
skd192-DSC_0166.jpg
skd192-DSC_0159.jpg

ちなみにこんな勾配です。帰りに撮影。前転してしまいそうな勢いでした。
skd192-DSC_0186.jpg

油井の駅前のえびを通って帰りました。
skd192-DSC_0200.jpg

ようやく静岡県道192号線を走破出来ました。今回走ってみて一部の住民のための道路と言うことが分かりました。国道から離れて、とても便の良いとは言えないあの地に住むことになった経緯を考えるとワクワクしてしまいますね。wでも確かにそこで生活をしている。車が普及した今なら生活に困ることは無いでしょうが、建物の状態から判断するに昭和初期には既に定着していたものと思われます。国道に出たからと言ってこの近辺には買い物する場所は無いので、そう考えると自給自足だったのでしょか?いずれにしても不便な場所にも拘らず人が住んでいて、生活が営まれているという事が不気味と言うか不思議と言うか・・・。あまり深入りするとトラブルになるかもしれません。犬の件もありますし・・・。


事前に調べた情報によると険道なんて言われていたのでどんなものかと思っていましたが、思いの外走りやすかった印象です。車通りは皆無に等しく(一台だけすれ違った)路面もきれいなものでした。確かに悪い区間もありましたが、数百メートルだったので気にならなかったです。ただ、道幅は狭いので車であれば離合は不可能でしょう。そこらへんは自己責任というのか覚悟を持って走れば良いのではないでしょうか?

それではまた。

Posted on 2015/02/28 Sat. 21:23 [edit]

tag: 自転車  県道192号線  薩埵峠  険道 
ルート紹介  /  TB: --  /  CM: 2

野田山健康緑地公園 

先日の河津お花見ライドは中止しましたが、結果的に良い判断になりましたね。朝から雨も降っていたし桜の開花状況もイマイチだったようですし。でも、中止するにはアレなので今週の土曜(28日)か日曜(1日)に行ってみようかなと考えているところです。恐らく直前まで悩むと思いますのでご了承ください。

さて、我が家からそう遠くない距離に野田山健康緑地公園と言うところがあるのですが、自転車トレーニング?には良いところという印象があるので紹介してみようと思います。
簡単に説明すると『無料でキャンプが出来て景色が良いところ』になるんでしょうか。キャンプマニアには有名?だったりするようです。詳しくはこちらを参照してください。

スタートは富士川楽座から。
ndym-DSC_0002.jpg

一つ目の信号を左折。
ndym-DSC_0004.jpg

左折直後から10%超の上りです。wまぁすぐに終わるのですが。
ndym-DSC_0005.jpg

野田山の看板が見えたら右折。ここからが本当のスタート地点となるでしょうか。この先ずっと上り勾配です。
ndym-DSC_0007.jpg

左に逸れる。
ndym-DSC_0009.jpg

すぐに分起点が出現しますが直進。なお左折しても行けるようですが行き方は不明。
ndym-DSC_0070.jpg

突然細くなります。
ndym-DSC_0073.jpg

そして路面も悪いです。
ndym-DSC_0076.jpg

もはや林道ですね。w
ndym-DSC_0078.jpg

整った場所もある。
ndym-DSC_0080.jpg

途中、崖崩れしたと思われる場所もあるけど、現在は一応復旧している模様。
ndym-DSC_0082.jpg

直進。
ndym-DSC_0095.jpg

先ほどよりもヒドい路面になります。
ndym-DSC_0098.jpg

しばらくこのような場所が続きます。
ndym-DSC_0100.jpg

この看板が出てくれば後一息。
ndym-DSC_0101_20150224192727b77.jpg

直進。
ndym-DSC_0104_20150224192907cde.jpg

そしてゴール。ここがピークになります。野田山の看板を左折したところから大体5kmほどでしょうか。ずっと上り勾配で10%超の区間がほとんどでしょうか。勾配の緩む箇所もありますが短いです。
ndym-DSC_0119.jpg

せっかくなのでキャンプ場まで行ってみましょうか。
ゴール直前のここを左に鋭角に曲がります。
ndym-DSC_0104_20150224192907cde.jpg

1km程進むと到着。金丸山キャンプ場に到着です。無料で誰でも使えますが、水道は使えませんので注意。
ndym-DSC_0109.jpg
ndym-DSC_0111.jpg
ndym-DSC_0112.jpg

さらに一段高いところに上ると展望所?らしきところがあります。そこからの富士の眺め。空気が澄んでいるともっと綺麗に見えるんでしょうね。
ndym-DSC_0114.jpg

で、帰り道。
このまま来た道を引き返して行っても良いのですがせっかくなので越えて行きます。

ゴール地点まで戻ってそのまま進んでいくと、何とか広場(名前は失念)があります。普段は素通りですがせっかくの機会なので、ちょっと寄って見ました。
東屋や池やトイレなどありました。そういえばお堂もありました。しかし、私以外誰も居ませんでした。
ndym-DSC_0120.jpg
ndym-DSC_0123.jpg
ndym-DSC_0125.jpg
ndym-DSC_0127.jpg

左へ。
ndym-DSC_0131.jpg

中々スリルがありますね。w
ndym-DSC_0133.jpg

こちら側も崖崩れがあったようです。
ndym-DSC_0143.jpg

左折。ここまでは急勾配&テクニカルな下りなので安全第一で走行のこと。路面も悪いので本当に注意してくださいね。
ndym-DSC_0145.jpg

すぐに右折。
ndym-DSC_0148.jpg

路面は良くなりますが勾配は比較的キツ目。
ndym-DSC_0149.jpg
ndym-DSC_0152.jpg

出た先は新蒲原付近の旧国一ですね。ここを左折すれば富士川楽座に着きます。10kmほどありますが。
ndym-DSC_0153.jpg

初めて走ったときは辛さのあまり3回ほど足つきした記憶があります。今でもそんなに早く上れないですし。wどちらかと言うと苦手ですね。w

勾配計を持っていないので正確な勾配は分かりませんが、ルートラボによると平均斜度が8.2%ほどになるようですね。前半に急勾配区間がある印象です。富士川楽座からだと6kmほどなのでTTするのには丁度良いかもしれませんね。反対側からもほぼ変わらないコースプロフィールになるのも良い所でしょうか。
ただ、上った後は下らないといけないわけで、路面状態の良くない急勾配を走ることになりますから注意して下さい。コーナーもタイトになりがちなので決して無理をしないで下さいね!

お近くに住んでいる方で脚に自身のある方はぜひ!タイムの報告などあると嬉しいですね。w
それではまた。

Posted on 2015/02/24 Tue. 20:14 [edit]

ルート紹介  /  TB: --  /  CM: 0

海岸堤防(防波堤)をトレースする方法 

静岡県の海側の地域には、海岸堤防(防波堤)が整備されています。
堤防の上は開放されており、散歩している方や走っている方、自転車の方など様々な方たちが利用しています。
信号も無く、車もほぼ通らないので快適に走れるのですが、新富士川橋から沼津まで繋がっておらず、始めのうちは上手く活用することが出来ませんでした。

そういう訳で海岸堤防をトレースする方法を紹介しようと思い立ったので参考にしてみてください。どのくらいの方が知りたいかは分かりませんが、何人かは居ると思いますので・・・。
なお、写真については、このルートを紹介するべく用意したわけではないので、時間の流れ的におかしいところはありますが無視してください。w

出発は新富士川橋を下りるところから。国道1号線からだと階段を下りることになります。堤防へはどこから乗っても構いませんが、分かりやすくするためなので悪しからず。
kgtb-DSC_0170.jpg
kgtb-DSC_0169.jpg

下りたところ。ここからがスタートです。ひたすら走ってください。
kgtb-DSC_0172.jpg

5kmほどで終点となりますので下ります。公園が整備されていてそちらから下りることもできますが、夜間閉鎖されてしまうので、時間によってはこちらしか使えません。
kgtb-DSC_0012.jpg
このときは閉鎖されていました。
kgtb-DSC_0014.jpg

ここからしばらく写真が無いので文字だけで説明します。
堤防から下りたら道なりに進みます。右手に田子の浦港が位置しているはず。そうすると3差路に出ますので右手方面へ。
一つ目の信号を右折してそのまま直進。大きくカーブした先のT字路を左折します。

左折して一つ目の交差点を右折します。直進するとJR東田子の浦駅になります。駅まで行くと行きすぎなので戻ってください。
kgtb-DSC_0152.jpg

ここを左へ。
kgtb-DSC_0150.jpg

突き当たりを左折。カーブミラーの奥に見える道です。結構な勾配なので軽めのギアにセットしておくと良いかも。
kgtb-DSC_0148.jpg

上りきったところ。後はひたすら終点に向けて進んでください。
kgtb-DSC_0016.jpg
kgtb-DSC_0019.jpg

すぐに富士マリンプールの裏にでます。ベンチなどあったりしてサイクリストが休憩していることも多いので混ざってみるのも良いかもしれませんね。私はやりませんが。w
kgtb-DSC_0020.jpg


この順序で沼津まではトレースできますが、変わらない風景と快走路とはいえない路面そして何と言っても常に風が強いとあまり良いところが無いですが、信号が無く車がほぼ居ない(たまには走ってたりする)と言う状況は精神的に楽であり唯一の売りでしょうか。常に風が強く、たまに暴風になったりしますので、県道380号線(通称、旧国1)にエスケープしたりしますし、途中から堤防に乗ったりもしますので気分次第で使い分けたりしています。堤防への乗り降りも一定の間隔で出来るようになっているので気軽に利用してみてくださいね。とは言っても、歩行者などもいらっしゃるので気をつけて走ってくださいね。変な事故やマナー違反者が増加すると締め出しを食らうことは容易に想像できますので。


新富士川橋からだと片道25km、往復50kmほどなので久しぶりに乗ると言う方には良い肩慣らしルートになるのでは?
それではまた。

Posted on 2015/02/21 Sat. 17:23 [edit]

ルート紹介  /  TB: --  /  CM: 2

国道414号線回避ルート 

沼津市から下田市を結ぶ国道414号線。道幅が狭い上に交通量が多くとても走りにくい。
この内、下香貫交差点から口野放水路までが特に走りにくい区間で、それ以外はそれほどストレスを感じることはありません。(個人的感想)大体どの時間帯(深夜は不明)でも混雑しており、またトラックやバスも多いので怖い思いをした方も居るのではないでしょうか?

そこで私なりの抜け道と言うのか裏道を紹介したいと思います。写真の関係で口野放水路から下香貫交差点までになりますが悪しからず。ロングライドして疲れているときなんかはお勧めですが路肩走行でも構いません。

まず、口野放水路交差点を沼津方面へ。歩行者にも自転車にも優しくない歩道が目印。
rti-DSC_0102.jpg

渡ったところ。
rti-DSC_0103.jpg

このまま直進すると自動的に右のほうへ逸れる。
rti-DSC_0104.jpg

逸れた先のトンネル内。そのまま直進。
rti-DSC_0105.jpg

分かり辛いですが、ミラーが立っているところの交差点を右へ。直進すると414号線に合流します。
rti-DSC_0108.jpg

すぐに見えてくるマルイチストアーが目印。
rti-DSC_0110.jpg

そのまま直進で一度414号線に合流します。写真は合流後のものなので向かって左の方から出てくることになります。
rti-DSC_0112.jpg

ほんの少しで出てくる分岐を左へ。
rti-DSC_0114.jpg

トンネルを直進。
rti-DSC_0115.jpg

414号線に合流。右折。
rti-DSC_0117.jpg

ちなみに正面に道があるのですが進んでいくと行き止まりになるので注意。
rti-DSC_0119.jpg

少しの間414号線を走ることになります。細い歩道を走っても良し、路肩を走っても良しです。
rti-DSC_0120.jpg

この看板が出てきたら左へ。行ける所まで進んでいくと414号線に合流します。合流した先は道幅も歩道も広いのでストレはない。
rti-DSC_0124.jpg

この建物(静浦中?小?)が見えたら左折。
rti-DSC_0127.jpg

わかりづらいけど目印はこの緑のポール。
rti-DSC_0126.jpg

左折直後の感じ。ひたすら直進。
rti-DSC_0129.jpg

左へ。
rti-DSC_0131.jpg

最後に肝心な写真を撮り忘れたのですが、ずっと直進すると砂利の駐車場にぶつかりますので適当な道路を右折すると、はまゆうと沼津御用邸記念公園の間に出るはず。そこを左折すると沼津方面です。
合流後は道幅が狭いですが、すぐに広くなりますので少しの間だけ我慢です。

沼津から下田方面へはこの逆で行けると思います。
また、ごちゃごちゃしている割には距離は稼げませんので空いていれば414号線を走れば良いでしょう。
ただし、車のプレッシャーはあるし歩道は極端に狭くエスケープすることは出来ないので全力で走ってください。

恐らく他にも裏道はあるのでしょうが、私は大体こんな感じでクリアしていきます。
何か良い抜け道をご存知の方は是非教えてくださいね!

この辺りはロケーション的にも良いのですが、この狭さと混雑があるので走りたくないんですよね~。
それではまた。


Posted on 2015/02/19 Thu. 10:58 [edit]

ルート紹介  /  TB: --  /  CM: 2

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンター

ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。