11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

趣味悠々

趣味のはなし

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

今年最後?のツーリング 

2014年も残すところあと少し。年内の仕事も終わったことだし天気もよさそうだったので自転車に乗ってきた。
行き先は『富士-亀石峠-宇佐美-伊東-冷川峠-富士』と言った具合。
決めた理由は特に無いけど強いて言えば100kmオーバーのライドにしたかったのと、若干の上りも欲しかったから。
膝の痛み対策としてクリート位置をかかと側に移動したのとサドルを下げた結果がどうなるか確認したかったのもあるね。
と言うわけで早速行ってみよう。

5時起床。外では風がビュービュー唸っている。眠いし寒いから行くのをやめて布団に戻ろうかと一瞬頭に浮かぶ。
邪念を振り払い眠気を取るためにコーヒーを飲みながらニュースを見たり準備したり。
何となく準備が整ったから5時45分出発。外はまだまだ夜だった。不思議なことに寒さは感じない。風もいつの間にやら止んだようだ。

いつも通り堤防に出て東に進路をとる。
散歩したり、ランニングしたりしてる人がちらほらと。
暗くて見通しが悪いから注意しながらの走行。

東の空に目をやると少しずつ明るくなってきている。深い青が橙色に染まっていく時間の贅沢なこと。
kh-DSC_0007.jpgkh-DSC_0009.jpg
kh-DSC_0011.jpg
kh-DSC_0018.jpg
kh-DSC_0020.jpg

赤富士。
kh-DSC_0022.jpg

そして夜明け。東に進路をとったおかげで贅沢な時間を過ごすことが出来た。満足満足。
kh-DSC_0032.jpg
kh-DSC_0051.jpg

さて、気を取り直して先を急ごう。何せ写真が忙しくて進まない進まないwww

まじめにペダルを回して韮山反射炉へ。予定には無かったけれどせっかくだから寄ってみた。そんなに遠回りでもないし。
世界遺産登録を目指してるようだけれど、私には良く分からないな。見る人がそれぞれに感じ取ればよいのではないでしょうか(適当)ささっと一通り見て復帰。
kh-DSC_0066.jpg

TOJの伊豆ステージで使われることで有名?な場所。立派なベロドロームもあるよ!
kh-DSC_0079.jpg

それにして寒いなと思ってたのだけれど、当たり前だった。
もちろん雪国に比べたらへでもないんだろうけど寒いものは寒い。のぼりで辛いけど、強度を上げて体温も上げる。
kh-006.jpg

そんなこんなで一つ目の峠、亀石峠に到着。フォントがおしゃれだなと思ったのは私だけかしら?
kh-DSC_0080.jpg

登ったら後は下り。海に飛び込んでいくようで気持ちが良い。
kh-DSC_0084.jpg

そして海~♪サーファーが居ました。
kh-DSC_0091.jpg

伊東駅前であげまんじゅう(あげまん)をお土産に買った以外はコレと言った見所もなく二つ目の峠、冷川峠を目指す。

そして登頂。車が少ないから走りやすかったね。斜度もそんなにないし。
ただ、下りが道路の幅が狭くてテクニカルなコースだからあんまり飛ばせない。無事に帰るまでがツーリング。
事故らないように注意しつつ下っていく。
kh-DSC_0100.jpg

そろそろお腹が空いたって言うことで、お食事を。
たまに見かける怪しい台湾料理屋さんにIN。
値段が安くてボリュームたっぷりだから最近は特に重宝してる。自転車に乗ってるとラーメンが無性に食べたくなるんだ。
そんな時、見かけたらついつい入ってしまうね。ちなみに、コレで700円。値段は店によって違うみたい。
なお、店員は皆さん中国人です。本当にありがとうございました。
kh-DSC_0102.jpg


おなかも膨れたしかえるだけだからノンビリ行くことに。
すると修善寺にでる。修善寺と言えばコレ的な山?少なくとも私はそう思っているし、この山が好き。
山梨の昇仙峡に通ずるところがあるなと勝手に妄想してた。
kh-DSC_0110.jpg

先ほどから走っている道路はかの側のサイクリングロードなのだが、正面に富士山を見ながら走ることになる。
こんなに近くにあるのにこの時期しか見れない景色だったりする。
kh-DSC_0114.jpg

後は勝手知ったる道路を走るだけ。ノンビリ慌てず安全に注意しながら帰りましたとさ。



本当は、後一回走り収めライドをする予定だったのだが、どうも変速が不調で、気持ち良く変速できなくなっていたことが判明。おそらく、前回の輪行時に何かあったみたい。それと、チェーンの長さが一こま二こま長いようでギア飛びすることも分かったから、オーバーホールすることにした。
締めくくりに成るわけだけど、良いルートだったし満足度の高いものになった。

それと、膝の痛みも出なかった。ペダリングと言うよりポジションの問題だった見たい。
一応アンクリングには注意してたけど、自然と足首の角度が保たれていたように思う。
不思議なことに腸脛靱帯炎もでなくなったみたい。やはりポジションの問題だったのかな?何だかよくわからないけど、痛みがなくなったというだけで、とりあえずはOKだな。もう少し様子見しないと分からないかな。
まぁ一発で決まるとも思ってないから、その都度考えていけばいいかなとは思ってる。

それではまた。

スポンサーサイト

Posted on 2014/12/27 Sat. 20:25 [edit]

ツーリング  /  TB: --  /  CM: 0

クリスマス~♪ 

クリスマスは楽しく過ごしましたでしょうか?

今年は、23日も通常に出勤だったため、ちょっとだけ慌しいものになってしまいました。

時間があればビーフシチューでも作るところですが、今年はそういうわけにも行かなかったので、ロースとビーフを作ることにしました。理由としては、特別な料理っぽいと言うのと、圧力鍋を使えば30分程度で出来るので時間が無い中で作るには丁度良いこと、珍しい材料は使わないので気軽に出来ると言うことから決めました。

途中の写真はありませんので悪しからず。

有名なレシピサイトを見れば腐るほど出てくるので良さそうなものを参考に作るのが一番ですが一応念のため、乗せておきますねwww

まずは必要な材料。
あくまでも目安なので分量は適当に。ちなみに我が家は、しょうゆを少なめ、酢を多めにしました。

牛ももかたまり肉 500gぐらい
バター 10g
塩胡椒(味塩コショウもでok) 適量
玉ねぎ(みじん切り) 1/2個
にんにく(みじん切り) 1片
赤ワイン 50ml
水 100ml
☆醤油 大さじ1.5
☆砂糖 大さじ1
☆みりん 大さじ1
☆酢 大さじ2/3
☆バター 10g
オリーブオイル 適量

作り方はこんな感じ。
1.牛肉は常温に戻して塩胡椒を手で多めに刷り込む。タコ糸で縛っても縛らなくても良い。
2.圧力鍋にバターを熱し、牛肉の表面をしっかり焼き色がつくまで焼く。
  ※バーターが無ければサラダ油でも無問題
3.牛肉を取り出して、そのままの鍋で、オリーブオイルをひき、にんにく→玉ねぎの順でしんなりするまで炒める。
4.3に赤ワインと水を加えてひと煮立ちさせたら2の牛肉を鍋に戻して高圧で4分加圧し、20分間蒸らし時間をとって蓋を開ける。
5.4の牛肉を取り出し、薄めに切る。
6.4の鍋に☆を加えて少し煮込んだらシャリアピンソースの出来上がり。
7.適当に切ってお皿に盛ったら出来上がり。

そして、出来上がったのがコレ。日が通り過ぎてしまったのがマイナスポイント・・・。
でも味は最高。そんなに良い肉ではないにもかかわらず柔らかジューシー。
pa-025.jpg

ほかの料理も出来上がってパーティーの始まり。
pa-026.jpg

最後はやっぱりケーキ。
クリスマスと言えばブッシュドノエル。
pa-028.jpg

みんなの楽しそうな顔を見れて幸せを感じましたとさ。

次はお正月か~。。。忙しいな。

Posted on 2014/12/25 Thu. 15:58 [edit]

料理  /  TB: --  /  CM: 0

膝の痛み 

今年は例年に比べ自転車に乗る時間も距離も長くなっている影響で膝通が顕著になってきました。
だましだまし乗ったりしていたのだけれども、痛くなるかもしれないと言う不安と実際に出先で痛くなることが不快になってきたので原因を探って改善しようと思い立ちました。

以前から出ていた膝の痛みだけれど、症状は日によって違うものでした。ある時は100kmを超えてから出てきたり、ある時は30kmほど走っただけで出て着たりと言った具合で痛みの強さも日によって違っていました。最悪なときは手を添えないとペダルを回せな意状況に陥ったりしていたわけですが、そこまで悪くなることは稀で痛みはあるけどある程度は踏める感じだった。そんな訳で放置していたけれど、楽しく乗るためには避けて通れないと思い腰を上げたのです。

私の認識として膝通が出る原因は『ペダリングが悪い』としか思っていませんでしたので自分なりにペダリングに注意したり3本ローラーで矯正をしてみたりしたのだけれど一向に改善されません。そこで考え方を変えてみました。
そもそも『ペダリングだけが原因なのか』と言った単純なことなのだけども、最近になって痛みが変わってきたことが気になっていたから。と言うのも元々は膝の外側の痛みで一般的に腸脛靱帯炎(ランナーズニー)だけでしたが、膝の裏まで痛むようになってきていたのです。ペダリングだけが悪いのであれば膝の裏の痛みもずっと前に出ていないと説明が付きません。

そこで、症状とそれに対する解決策を探ってみました。
まずは膝の外側の痛み(腸脛靭帯炎)
原因
ガニ股で漕いでいる、O脚の人に多い

対処
ガニ股にならないよう意識して漕ぐ、Qファクターを広げる、クリート・靴のインソールを調整、O脚の矯正

ここら辺はどのサイトでも同じ様なことが書かれていますね。でも根本的な解決になっていないような気が・・・。
O脚を直すって。。。直らないから困っているのだけどwww

次に膝の後ろの痛み
原因
サドル高が高い、かかとが下がった状態(アンクリング)で漕いでいる

対処
サドル高を下げる、かかとが下がるとサドル高が適切でも膝が伸びきった状態になるので裏が痛くなる→アンクリングを直す、クリート位置をかかと寄りにする

これには心当たりありですね。先日サドルを高くしたばかりですし、アンクリングが悪癖として身についてしまったようです。
ただ、前からアンクリング気味でしたがその頃は膝の裏の痛みは出ていません。サドルを高くしたことだけが原因かと考えたときに、それだけではイマイチ納得できませんでした。

解決の糸口が見えないのでモヤモヤしていたわけですが、ふとあることに気が付きました。
膝の外側の痛みが出始めた時期が、シューズを変えた後から出ていると言うことに。新しいシューズにしてクリートをつけるわけだけど、そこまで厳密にポジショニングはしていません。大体の位置でつけていたことを思い出しました。そして、痛みが出てきたのだけど乗り続けてれば自然に治ると思いそのままにしていました。

おそらく、クリートの位置をかかとよりに変えた上でてサドルを下げれば痛みはなくなると思います。クリート位置については横方向の調整も必要になるかもしれませんね。そこらへんは様子を見ながら一つずつ対処していくしかないかなと。

今回のことで雑誌や様々なサイトで散々ポジションの大切さに触れてい理由が分かった気がしますね。レースに出るようなガチなロード乗りではないけども、楽しいと思える趣味なので不快なところは極力なくしていかなくては長続きしないものですからね。
すべて妄信することはないけれど、自分が良いと思ったことだけ取り入れる心積もりで居たいなと思いました。

以上、知識も減った暮れも無い素人の戯言なので間違いがあっても突っ込みは無しでお願いしますwww
結果はいずれ報告したいと思います。
それでは。

Posted on 2014/12/20 Sat. 01:17 [edit]

その他  /  TB: --  /  CM: 0

オーストリッチの輪行袋 

先日のライドでDNFした際、輪行袋が壊れたことは既に記載しましたが、
それまで使っていたのは、前輪のみ外すタイプのTIOGAのコクーンでした。
gh-007.jpg

便利は便利だったのだが、その大きさが一番のネックではありました。
S_DSC_0016.jpg

その大きさゆえ、電車に乗り込むまで不安だったりするわけです。
置く場所はあるか、混雑していないかなど等。
当然、周りに迷惑をかける立場である以上、混雑状況によっては1本ずらすなど
なるべく迷惑にならないように配慮が必要になってきます。

それでも輪行袋のお陰で新たな楽しみも増えて色んなところへ行きました。
泊りがけの旅行にも行ったし、普段行けない場所へ走りに行くことも可能になり、
行動範囲が劇的に広がりました。その楽しさにドップリはまってしまったわけです。
その楽しさを知ってしまった以上、やめることなどできなくなっているのは当然ですねwww

そこで、次に購入する輪行袋は手間は増えるけど(TAIOGA コクーンに比べて)コンパクトになる
前後輪外すタイプの輪行袋にすることにしました。
コンパクトになるとか軽量とかは特に拘りがあるわけではないのだけれども、定番中の定番である
オーストリッチのL-100かロード220をリストアップしました。
どちらも一長一短あってなかなか悩ましいのではありますが、総合的に判断するとL-100が良さそうではありますね。
エンド金具が別売りというのが何ともモヤモヤしますが、探せば安価でそろえる事が出来そうですしね。

ロード220はエンド金具が付属されているとかプラスポイントもありますがタイヤホイールを入れるポケットが邪魔だとか
なくても問題ないとか。あまり良い評判が無いようで・・・。何よりもファスナーというのが大きなマイナスポイントでした。
TIOGA コクーンはファスナーの破損で使用不可となりましたので、壊れた時に致命傷になるような部分が少ないにこしたことはないのです。ちゃんと学習しましたwww

前輪のみ外すタイプの輪行袋は確かに便利でした。しかし電車内では確実に邪魔者でしたね。
一番先頭か後ろか穴場的なトイレの前がねらい目でしたけれど、必ず空いてる確証もなくそれがストレスとなっていたのも事実。
クレーム等はなかったですが、精神衛生上よろしくはなかったですね。
今回、新しく購入するL-100になって少しでもコンパクトになって自分も含め周りの方への迷惑が少しでも軽くなることを祈るばかりです。
まぁ、自転車を持ち込んでる限り迷惑にならないことはないと思いますがwww

皆さんも輪行する際は気を付けてくださいね~。
無用なトラブルはお互い後味が悪いので。。。
ではでは。


Posted on 2014/12/17 Wed. 16:16 [edit]

パーツ・メンテ  /  TB: --  /  CM: 0

御殿場経由で箱根に行ってきた 

全国的に寒くなると言われていた13日の土曜日。
そんなこと気にせず山のほうへ行ってきた。行き先は箱根。
決めた理由は『何となく』かな。
2週間前にど平坦な160キロライドしたけどやっぱり刺激が無いと言うか変化が無いと言うか。
刺激があって120~130kmほどの工程でと地図を眺めていたところ、箱根が目に付いた。
富士市からだと三島から上ってエコパーキングを折り返しか十国峠経由で函南のほうへ下りるかと言ったルートがあるのだけれど、同じ道を通るのも面白みに欠けるかな。
そんなこんなで色々見ているよ十里木を経由すると丁度良い距離に収まることが分かって行き先決定。そうと決まれば行くしかない。今回は強い寒気が来ると言われている中で標高の高いところへ行くと言うことでついでに服装のテストもしてみた。

上半身は、所謂コンプレッションインナーと言われているやつ。冬用は特に用意せず夏にも着ているものを着用。その上にヒートテック、ロンティー、サイクルジャージ。寒ければウィンドブレーカーを着て調節と言う感じ。
下半身は、これまたコンプレッションインナーにヒートテック、ロングのレーパン。
その他として、ネックウォーマー、シューズカバー、厚手のグローブと薄手のグローブ。
一部はサドルバッグに入れて臨機応変に対応することに。
結果的に大成功。窮屈な感じはするけれど、寒いと言うこともなかった。上りでは若干汗ばむ感じ。ネックウォーマーの隙間から入ってくる冷気は恐らくどうしようもないんだろうな。何れにせよ余裕で耐えられるからこの時期の定番スタイルになりそう。

さて出発。
前日が夜勤で0時ごろの帰宅だったので、ちょっと遅めで7時30分の出発。

少し雲が出てるけど良い天気になりそうだ。
gh-DSC_0005.jpg

静岡県道24号富士裾野線に乗ってのぼりの始まり。しばらく上りが続く。所々凍ったりしてるけど路肩だけだから問題なし。
ただ、吐く息が真っ白だった。そりゃそうだよね、もう12月だもん。
gh-DSC_0006.jpg

途中で469号線に変わるけどそのまま道なりに。ここまでくれば上りもあと少し。
gh-DSC_0009.jpg

富士サファリパークを越えて少ししたところの信号を左折すると自衛隊の東富士演習所のあたりに出られる。
秋にはススキが一面に広がってよい景色が見れるのでお勧め。この辺は下りなんだけど、寒すぎワロエナイ・・・。
ネックウォーマー持ってきてホント良かったと思った。耳がね千切れそうだったものwww
gh-DSC_0011.jpg

再度496号線に合流して御殿場駅へ。初めての御殿場駅。思っていたより栄えてたwww
駅前で催し物をやっていた関係で駅舎は無いけどあしからず。
gh-DSC_0013.jpg

ここで若干のミスコース。国道138号線(通称箱根裏街道)に乗るはずが、県道394号線出でてしまう。
すぐに気が付いたから良かったものの、そのまま進んでいたら復帰するのも大変だった。

その後、無事に箱根裏街道に復帰してノンビリ進んでいく。大体5kmの上り。斜度も6%ほどで可もなく不可もなく。
やはり所々凍っていて、とにかく寒い。暖かい静岡において唯一の雪国と言われる御殿場というのも頷ける。
gh-DSC_0017.jpg

と言うことで今年初のシューズカバー装着。コレ以降足先の寒さ空は開放された。
gh-004.jpg

仙石原交差点を左折して芦ノ湖方面へ行くと仙石原湿原植物群落と言うところに出るのだけども、こちらもススキで有名らしい。初めて訪れた場所だけどそれらしい雰囲気があった。ピーク時は渋滞するみたい。その頃もう一度自転車でって言うのもありかもね。
gh-DSC_0022.jpg

微妙なアップダウンに加え、先ほどから風が出てきていた。まぁ普通に強風だよね。ただでさえアップダウンで参ってるのに向かい風だもんね・・・言葉にならないwww
散々苦しめられて芦ノ湖に到着。写真じゃイマイチ伝わらないけど、物凄い白波が立ってたwww写真を一枚撮るだけでも体温が下がる下がる。ちょっと休みたいけど休んだら寒くて辛いみたいな笑うに笑えない状態になってきてた。
gh-DSC_0026.jpg

道の駅箱根峠。何かあるのかとひそかに楽しみにしてたけど、あまりの小ささに寄る気にもならず華麗にスルー。
gh-DSC_0032.jpg

その先に設置されてた温度計。風が強いから体感温度はもう少し低いかしら。もうここまで来ればのぼりの終わり。
後は15km程の下りと平坦の慣れたルートを通るだけ。このくだりが一番の楽しみだったのだ!
gh-DSC_0035.jpg

で、実際の下りだけど風が強すぎて笑うしかなかったな。だって風が強すぎて20km切っちゃうんだもの・・・。
下りなのにダンシングとか初めてだよwww
向かい風だけなら良いけど、コレが横風になるとハンドル取られて怖い怖い。楽しみにしていた下りだけど安全第一で控えめに下りましたとさ。ただ、景色は良いよ!全然伝えられてないけど。。。
gh-DSC_0040.jpg

下りきって平地に戻ってきたけど、強風と言うより突風が激しすぎてDNFを決意。後20kmほどだったけど完全に心が折れた。
何となく持ってきた輪行袋が役に立った。冬は2ボトル体制とかとらないから大体輪行袋を積んでるんだけど今までは出番なしでこれたのはたまたま運が良かっただけなのかも。そもそもDNFが初めてだからね。

でも最後までちゃんと落ちが付くあたり何ともいえない気分になった。
ファスナー部分が壊れて閉められなくなったから、近くのコンビニで布テープ購入してしのぎました。
何だかんだで大分使ったよねタイオガのコクーン。コレがなかったら旅にも行けなかったことを考えると感謝感謝。今まで頑張ってくれてありがとな!
gh-007.jpg

帰宅しても早い時間だったから、家族を連れて御殿場高原時之栖に行ってきたよ。
子供たちも喜んでくれたから良しとするか。



   

Posted on 2014/12/15 Mon. 01:30 [edit]

ツーリング  /  TB: --  /  CM: 0

ちょっと静岡空港まで行ってきた 

5年ほど前、散々もめた挙句に完成した『最後の地方空港』と言われた富士山静岡空港。
航路も少なく無くても困る人は居ないのでは?と言う状況になりつつ細々と営業をしているようなのでちょっと冷やかしに行ってみた。

片道80kmほどの工程。
ただ、この時期は日が出ている時間が短いのでちょっと早めに出発。とは言っても6時くらい・・・。
普段そんなに早く出ることが無いからかなり新鮮。
sk-DSC_0002.jpg

新富士川橋の上から。だいぶ明るくなってきた。気温も低目か。
sk-DSC_0006.jpg

新富士川橋を下りてから若干道に迷いつつ由比へ。朝の商店街と言うか目抜き通りを抜けていく。
そんなに早い時間ではないけれど人は出歩いていない。漁港近くだから人通りとかあっても良さそうなものだが。
sk-DSC_0007.jpg

この日初の太陽。朝焼けって綺麗だな!
sk-DSC_0012.jpg

先日あったがけ崩れの現場を横目に先を急ぐ。
sk-DSC_0017.jpg

街中特有の信号での強制ストップ地獄にハマリSTOP & GOの繰り返しで若干萎えながらも宇津ノ谷峠へ。
普段は大崩海岸を通るのだけれど、いつかの台風の影響で通行止めのまま。仕方なくこちらの道を選択。
初めて使う道ながら戸惑うことも無くここまで来ることができた。車は多いけれど歩道も広いから安心。
身の危険を感じた時ややる気の無いときは歩道に乗ってダラダラ走ってるwww
sk-DSC_0019.jpg

平坦な道を淡々と進んで大井川。初めて渡るけど川幅が広いね。昔は『箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川』と言われていたのも頷ける。
sk-DSC_0024.jpg

ちょっとした丘を越えれば目的地はもうすぐ。今回の工程で唯一の上り区間。
遠くでSLの汽笛が聞こえたけれど、本体は見れず。
sk-DSC_0036.jpg

そして空港に行くための道路へ。ここを辿れば目的地に着く。もう迷うことは無いから安心。
出来たばかりと言うことと、車もほとんど居ないから走りやすかった。
sk-DSC_0040.jpg

そして到着!!!
sk-DSC_0041.jpg

早速展望デッキへ。コレが地方空港の姿なんだろうね。飛行機が一機も見当たらない。駐機している機体もない。
若干予想はしていたけれど、一機も居ないとは・・・。来た甲斐が無いってwwwしかも、出発、到着が1時間後とかね。
笑うに笑えない状況で飛行機を見るのは早々に諦めて子供たちへお土産でもと思い一通り見て回ったのだけれども、めぼしいものが無い。静岡空港に行ってきました的な物が欲しかったのだけれどもそういうのは一切無し。静岡に行ってきましたと言うのがほとんど。ここまでないない尽くしでは心も折れるってワケで帰ることに。
それにしても客の大部分が外国の人達で例外なく酒臭くさかったなwwwまぁたくさんお金を落として地域経済を潤してくれるお客さんだからね持ちつ持たれつ上手いことやっていけるとお互いのためだね。
sk-DSC_0043.jpg

近くにあった展望台へ。飛行機は見えないけど、滑走路を見るだけでもなんか良いもんだね。
sk-DSC_0048.jpg

何か時刻表みたいなのが張られてた。一番だめな時間に着いてしまったようだ・・・。
sk-DSC_0054.jpg

小さく富士山が見えたり
sk-DSC_0051.jpg


帰りも着た道をほぼトレースする感じで迷うことも無く、STOP & GOの繰り返しで萎え萎えになりながら帰りましたとさ。

今回、ほぼ平坦で街中を走るコースとなってしまったが、完全にコース選択に間違えたね。
眺望もないし、上り下りのメリハリもないし満足度にかけるツーリングになっちゃったかな。
修善寺の方は効用がきれいみたいだったからそちら方面に行けばよかったかも。
それでも、たまにならこういうツーリングもありっちゃありだね。

次はどこ行こうかと考え中。
箱根とか西伊豆スカイラインなんてよさそうだ。

終わり。

Posted on 2014/12/08 Mon. 11:17 [edit]

ツーリング  /  TB: --  /  CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンター

ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。