07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

趣味悠々

趣味のはなし

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

静岡県中部の聖地 

日本平と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?
清水エスパルス?動物園?夜景?などなど色々あると思うのだけど、ここは静岡中部のサイクリストにとって聖地とも言えるところ。

一度は行ってみたいと思いつつタイミングが合わず、ずっと行けずにいた。
そんな中、ちょうど良いタイミングで皆で走りに行く機会ができそうだったので目的地に設定してみた。

待ち合わせは、9時に清水駅南口。

私は安定の自走。ただ、今回はコウタさんが一緒。余裕を持って7時45分に堤防の上で待ち合わせ。

そこへ、事前の予告どおりべーやんさんがお見送りに来てくださいました!何でもマウンテンサイクリングin乗鞍2015に参加するとのこと。そのために前入りすると言うことで今回のライドは時間的にNG。
5分ほど雑談していると、コウタさん到着。軽く挨拶などして解散。
短い時間でしたが、お話できて良かったです。また都合の良いときにはご一緒しましょう!

さて、待ち合わせ場所までは20kmほど。1時間もあれば着く予定。
何せ田貫湖ピクニック(前編後編)以来のご無沙汰ですから、積もる話もあるものでスピードが上がらず・・・。それでも待ち合わせ時間の2分ほど前に到着。既に良輔さん、まさひろさんが待っていました。後はカツさん待ち。その間に挨拶やら近況報告やら。
後で分かったことだけど、清水駅に南口と言うのはないらしいのです・・・。私のいい加減な情報の所為で、カツさんが合流できないハプニングなど発生。ちょっとだけ混乱してしまいましたね。一寸だけ。w それでも何だかんだと全員集合できまして早速始まる雑談タイム。コレばっかりは仕方ないね。w久しぶりに会ったりするわけですから。
さすがに私も少しずつコツをつかんできまして、大まかな行き先などは決めますが、後は流れに身を任せる感じで。本当だったら、きっちり予定を立てたほうが良いのでしょうが、それだと窮屈と言うか面白みに欠けてしまうというか。スケジュールに遅れが出て焦るのもいやだし。。。なんていってますが、性格的に出来ないだけなんです。w

さて、30分ほどの雑談タイムも切り上げて良輔さんの先導で出発。
途中のコンビニで休憩しつつ日本平へ。住宅街から走っていきます。
緩急、平坦区間も織り交ぜた構成となっているイメージ。
頑張ってみた結果、先頭でゴールできた。こういうときに限ってタイムを計っていないと言うね・・・。w

最近の上れなさは悩みの種でして実際に付いていけないことも多く、挙句の果てには足を引っ張るという状態でしたからね。
少しは意地を見せれたと言うか、爪痕を残せたと言うか。
途中から雨が降ってきたというのもあって頂上付近で休憩。

雨が止んだタイミングで下り。それにしてもウェット下りは怖い。

下りの途中で撮ってみた。スマホだから画質は悪め。
20150829-083.jpg

スタジアムも綺麗に見える。ただ、この場所以外からは見れなかったかな。
20150829-087.jpg

そしてお昼ご飯。
20150829-091.jpg

凄いボリューム。肉がデカくて厚い。全部食べ切れませんでした・・・。30オーバーにはきついかもですね。w
20150829-089.jpg

三保の松原へ。羽衣の松などを見たり。
20150829-092.jpg
20150829-094.jpg

三保の松原と言ったらこの角度からの富士山。はい見えませんでした。富士山がないとただの海岸線ですね。w
20150829-096.jpg

近くにあった施設に富士山が見えたときのパネルがはってありました。
20150829-099.jpg

昨今の、観光地と言えば外国人のイメージになのですが、こちらは日本人ばかりでした。外国人にも見向きもされない観光地の行く末を案じるばかりですね。せっかくのロケーションなのだから、しっかり上手にアピールして欲しいものです。

最後は観光で締めて、流れ解散ありで清水駅まで。
本日、ほぼ先導してくださった良輔さんにお礼を言って解散。

私とコウタさんは、富士までまさひろさんを先導。堤防の上で解散となりました。

毎度のことながら距離の割には時間を要するライドになりましたが、やはり一人で走っているのとは違う刺激を受けますね。
自転車はもちろんなんだけど、それ以外のことまで。私的には本当に良い刺激となっています。
暑い時期も過ぎて自転車には良い季節になってきました!まだまだ暖めている企画などあるので、楽しんでいきましょう♪

今度はどこに行きましょうかね?
おわり。
スポンサーサイト

Posted on 2015/08/30 Sun. 19:22 [edit]

明日(29日)の件 

どうも。

明日の連絡です。

事前に通知していた通り、9時に清水駅南口に集合です。

ただ、朝7時の時点で雨が降っていたら中止にしたいと思います。
途中からの雨なら我慢できますが、スタートから雨はさすがに辛いので・・・。

ちなみに、私は富士から自走で行きます。
車載の方も、富士川の河川敷に車を止めて富士から一緒に向かうでも構いません。
この場合は、7時45分に堤防の上に集合で。
コレだけだとわかり辛いので、地図上にピンを打ってみました。
この辺りに居て頂ければ助かります。



それでは明日は楽しみましょう!

Posted on 2015/08/28 Fri. 19:00 [edit]

自転車  /  TB: 0  /  CM: 3

29日の詳細 

どうも。

今日も涼しかったですね~。
寒暖の差もあったりしますので、体調を崩さないように注意です。

さて、昨日告知した29日(土)、日本平辺りをブラつくライドについてですが、中部方面のメンバーから有意義な情報をGETしました。こういう情報は本当に助かりますね。中部方面は駐車場に限らず分からないことが多いので・・・。
とは言ってもコメント頂いただけですが、丸パクリになりますが載せておきます。

良輔さん情報
清水駅南口に繋がる道(湾岸道路)沿いの清水駅の手前、袖師交差点の所に、パチンコABCがあります、おそらく無料で停めれると思います。 もしくは、袖師交差点のすぐ手前にジャンボエンチョー、その手前に清水清見潟公園があり、数台停めれたと思います。

あきさん情報
ホームアシスト清水駒越店はどうでしょうか?
日本平と三保の中間にあること、ショッピングセンターなのですが駐車券等が無く、広いため気軽に使えます。


車載で向かう方は、この情報を元にして頂ければ良いと思います。

ちなみに私は、自走で行きます。

なので富士川の河川敷に車を止めるのであれば、そこから一緒に向かうことは可能ですよ。
片道20kmほどなのでそこまで辛くも無いと思います。

そして、一番大事なことを忘れていました。
待ち合わせの時間ですが、9時を予定しています。
不都合あれば調整しますのでご連絡ください。

と言う事で、現時点での予定では、9時に清水駅南口集合で。

それではまた。

Posted on 2015/08/26 Wed. 19:42 [edit]

更新ダダ下がり・・・ 

最近、Blogの更新がダダ下がり訳ですが、皆さん元気にお過ごしでしょうか?

朝夕大分涼しくなってきましたね~。
過ぎてしまうと、辛かったあの猛暑?酷暑?も懐かしく思うわけで・・・。
何だかんだいっても夏は暑いのが一番ですね。

と言うわけで、29日の予定を考えてみました。が、中部方面は疎いのでイマイチ分かりません。
この辺詳しそうな良輔さんに力をお借りしたく。

待ち合わせは清水駅の海側(南口かな?)辺りを考えていますがどんなもんでしょう?
近くに無料の駐車場とかあるのかしら???車載で向かう人もいると思うので必要だと思います。
仮に、近くにない場合には富士川の河川敷に止めてもらって、そこから向かうのもありだと思うのですが。。。
ちなみに、片道20kmほどですよ。

行き先としては今のところ三保の松原、久能街道、日本平辺りを考えています。
ただ、天気によっては三保の松原は厳しいかもですね。曇ってたら行っても意味ないですし。w
この辺りをブラつこうかと思っております。

この他、要望などあればご連絡くださいね。
あんまり時間も無いですけど、楽しいライドにしましょう。

それではまた。

Posted on 2015/08/25 Tue. 21:21 [edit]

_その他  /  TB: 0  /  CM: 6

29日のライド 

どうもこんばんは。
暑い日が続いてますが元気でしょうか?

私はまぁ何とかやってる状態ですね。w っていつものことですが・・・。

さて、若干急ではありますが29日(土)にライドを計画してみました。
都合の良い方は参加してみてください。

毎度のことで申し訳ないのですが、今回も私の独断と偏見で決めましたので悪しからず。

事前の根回しで良輔さんの参加の回答を得ておりまして、それを前提に。

皆さんもご存知の通り、良輔さんマシンがニューマシンになりましたね。
今らいはそのお披露目も兼ねてのライドとしたいと考えました。
さすがに、ニューマシンを輪行させるわけにはいきません。

と言う事で、ぼんやりと日本平辺りでタイムトライアルしたり三保の松原あたりを走ったり久能街道をなんて考えていて、この当たりを50~60kmほど走れればと思っていますが如何でしょう?

ただ、気になる点としては、当日は清水エスパルスのホームゲームが18時から予定されている点。時間的にはお昼ごろに居る感じなので大丈夫かなとは思っていますが、どんなもんでしょう?

待ち合わせ場所は、分かり安さを優先して清水駅ですかね。時間については追い追い。

今のところこのように考えていますので、ご意見、ご要望あればいつでもお待ちしております。

ルート設定などについてはこれから考えていくことになりますが、お勧めの場所などあれば教えてください。

そういうわけで、当日は楽しんでいきましょう!
それではまた。




Posted on 2015/08/23 Sun. 19:23 [edit]

7月のまとめ 

8月も中ごろになってしまい今更感がありますが7月のまとめです。

7月3日(金)
チーム名をSPARTに決定。
大体のイメージは考えましたが、最終的には良輔さんのアイデアを採用しました。

7月5日(日)
チームのロゴ決定。
来年までにはチームジャージをと考えては居ますが、あくまでも予定。
an_3.png
その後、若干修正してコレに決定。
logo_201508172054046c5.png

7月13日(月)
富士ヶ嶺経由本栖道。
暑さのあまり、身延駅から輪行。
ちなみに、ニューマシンになってから初の輪行となりました。

75km

7月19日(日)
まさひろさんプレゼンツ東名駿河湾沼津SA でランチライド。
20150719-045R1.jpg

あきさん、べーやんさん初参加。
まさひろさんにはクロスバイクで来てもらって、でも予定変更でロードに乗換えとか、スタート前のコンビニで割りと長めの雑談タイムとか、混雑しているSAのテラス席を占領しての昼食&雑談など色々ありました。
帰り、べーやんさんの鬼曳きで千切られたのは良い思い出。

85km

7月22日(水)
フロントバッグをサニーホイル化。
先日のライドで吹っ飛んでお蔵入り。
20150721-DSC_0129.jpg


7月26日(日)
念願だった修善寺サイクルスポーツセンター(以下CSC)5kmコースを走る企画。
20150726-DSC_0024.jpg

暑さも去ることながら実際は山岳コースのアップダウンに苦しめられる。
それでも5周回走れたことは評価に値すると思われ。
ちなみに、私にとっては初の車載輪行。
25km

この他にトレーニングと称して、50km走っていますので、計235km。
回数も距離もダダ下がり・・・。
100km越えのライドが一度も無いのは考えもの。
もっと回数も、距離も伸ばしていきたいと思う。

Posted on 2015/08/17 Mon. 21:21 [edit]

その他  /  TB: 0  /  CM: 6

石室神社というところ 

(仕事中に)暇だな~なんて思いながら地図を眺めていた。
久しぶりにロングライドにでも出掛けようかな~なんて思いながら。

色々調べていたら、下田に石室神社なる気になる場所が。
気になるから行ってみるか。なんて軽いノリで行って来た。

工程としてはいたって簡単で、富士から石廊崎経由して伊豆急下田駅まで。そこからは輪行で帰るというもの。

距離としては160kmを超える上にアップダウンが多いから早めに出発することに。

で、5時半に出発。本当はもっと早く出たかったけど、前日のお酒の影響か気持ち悪くて準備に手間取る。
直前まで止めようかと本気で思ったり。w まぁせっかくだし、この日を逃すとしばらく行けそうにもなかったから頑張って出発。
この日は、タイヤの空気圧を高め、と言っても8.5barくらいにセットしてみた。

さて出発。

朝早いにもかかわらず既に暑い。w

いつものマリンプール前。この時期にしては珍しく?富士山が見えてる。
ちなみに、6時前だと言うのに既に並んでる客が・・・いくらなんでも早すぎるだろ。w
20150811-DSC_0006.jpg

淡島越しの富士山。なかなか良い感じ。
20150811-DSC_0009.jpg

井田トンネル。
20150811-DSC_0015.jpg

煌きの丘から。
20150811-DSC_0018.jpg
20150811-DSC_0019.jpg

出逢い岬から。
20150811-DSC_0020.jpg

これから向かう戸田の街並みが見える。
20150811-DSC_0026.jpg

港の前で休憩。アイスが上手い。ちなみに、このスポーツドリンクが不味すぎて不味すぎて・・・。
20150811-DSC_0028.jpg

フッと、土肥からフェリーに乗って清水に行こうかと考えて時刻を確認。その結果、乗船まで2時間ほど時間があることが分かってて却下。当初の目的通り、石室神社まで行くことに決めた。ただ、イザと言うときにエスケープは出来なくなるけど、あんまり心配しなかったかな。何故か行けると思ってた。何の根拠もなく。本当にヤバくなったら何処かに泊まれば良いなんて考えてたな。w

30分ほど休憩して出発。小土肥の景色。緑が濃い。
20150811-DSC_0032.jpg

旅人岬からだったと記憶。
20150811-DSC_0038.jpg

土肥の世界一の花時計。すぐそばに一応展望台らしきものがあるのだけど低すぎ。w
20150811-DSC_0042.jpg

ここから先は未知の領域。10数年前に一度車で通ったことがあるだけ。どんな景色が見れるのかワクワクする。

さすがに一人では寄れず看板だけ。w
20150811-DSC_0044.jpg

宇久須だったかな。この辺りはトンネルが多かったかな。一つ一つは短いのだけど、次から次へと。たまに長めが出てきたり。
そして、何気に車の通りが激しい・・・。土肥までは空いてて良いな~なんて思ってたのだけど。結局、下田まで車は多めだった。
20150811-DSC_0051.jpg
20150811-DSC_0055.jpg

堂ヶ島あたり。
20150811-DSC_0057.jpg

松崎。お腹が空いたから、そろそろお昼かな。
唐突にセカチューの世界が。。。そういえばこの辺がロケ地だったような。
20150811-DSC_0064.jpg

近くのお店へ。ご飯とか受け付けない感じだったから、ここまできてまさかの蕎麦。w
ところてんも食べたいと思っていたけど、このお店には置いておらず。まぁ道中何処かで食べられればよいかなと言う事であっさり諦め。
20150811-DSC_0066.jpg

せっかくだから『なまこ壁通り』なる所へ行くも何もなかった。w結局この地では見つけることができず。
若干道に迷いつつ、R136に合流。

海の色が青い事青いこと。
20150811-DSC_0068.jpg

猿の銅像がある休憩所?で。昔車で走ったときにも寄ったところ。眺めは最高。
20150811-DSC_0079.jpg
20150811-DSC_0076.jpg

この辺りから急激にペースダウン。何度も現れる上りに足も心も削られていく。
のぼりの距離的には1km行くかいかないか程度のものだけど、上ったら下る、下ったら上るの繰り返し。実に辛い・・・。
残り20kmほどなのに走れど走れど着かない・・・。我慢の走りが続く。

ヘロヘロになってようやく目的の場所へ。
イヤね、道案内が不親切すぎ。
R136からK16に接続したのは良いのだけど、そこから先、具体的には石廊崎灯台に向かう場所に案内板がないというね。
初めて訪れる人のことをなめてるのかしら?危なく通り過ぎるところだったよ。w

何とか無事に進んで、石廊崎灯台へ。車両は規制されているけど自転車はOKらしい。
ここにきて結構な斜度の坂をソコソコの距離は知らされるのだけどね。w

そして回りは観光客だらけでもちろん歩いて向かう中、一人で自転車に乗った男が一人とか相当浮いてたと思われ。
旅の恥は書き捨てと言うしあまり気にしない。w

そしてやっとのことで灯台に到着。本当にやっとの思いで着いた。
ここで自転車を置いて、この先は歩き。
20150811-DSC_0105.jpg

目的の場所は近い。
20150811-DSC_0083.jpg

サクッと到着。灯台からは直ぐそこだった。w
20150811-DSC_0104.jpg

こんなところにこうして建ってる神社。
20150811-DSC_0102.jpg

石室神社とは 
石室神社(いろうじんじゃ、いしむろじんじゃ)は、伊豆半島の最南端に位置する石廊崎の突端付近、静岡県賀茂郡南伊豆町石廊崎にある神社。石廊権現(いろうごんげん)や石廊崎権現(いろうざきごんげん)とも呼ばれる。古くは伊波例命神社(いはれのみことじんじゃ)とも呼ばれていたとされ、また祭神は現在では伊波例命(いわれのみこと)と云われるが、以下に記すように必ずしも定かではない部分もある。

尚、50メートルほど離れた岬の最突端には熊野神社(くまのじんじゃ)があるが、事実上ひとつの神社として扱われることが多く、本項では一緒に記載する。

wikipediaより

突端は直ぐそこ。
20150811-DSC_0101.jpg

そして伊豆半島最南端に到着。この先には海しかない。そんなことを思うとこみ上げるものが・・・特になかった。
ただ、ただ広く遠くまで見える。伊豆半島の最南端に自転車に乗って自分の足で辿り着いたことについては充実感で一杯だったのは確か。
20150811-DSC_0092.jpg

左のほうに目を転じると神子元島なる島が見える。ちゃんと灯台も見えた。
20150811-DSC_0093.jpg

この灯台、何気に歴史あるものみたい。
wikipediaによると
幕末に江戸幕府と列強との間で結ばれた改税約書(江戸条約)に基づき建設された、条約灯台と呼ばれる8基(観音埼、野島埼、樫野埼、神子元島、劔埼、伊王島、佐多岬、潮岬)のうちのひとつ。竣工は明治3年旧暦11月11日(西暦1871年1月1日)で、初点灯には三条実美、大久保利通、大隈重信ら明治の元勲と英国公使ハリー・パークスが来島し立ち会っている。灯台建設の監督はスコットランド人のリチャード・ヘンリー・ブラントン。下田から切りだされた伊豆石を精緻に積み重ね、目地には日本初の速成セメントが使われている。石造灯台では日本最古の現役の灯台であり[1][2][3]、国際航路標識協会 (IALA) が選定した「世界歴史的灯台百選」のひとつでもある。また日本政府により史跡に指定されている。等級は第3等群。

速成セメントに経年および風波による劣化がみられたため、耐震補強を兼ねた工事が1982年と1995年に行われた。炭素繊維などを使って灯台全体を補強した[2]。2007年から2008年にも電源設備を中心とした改修工事が行われた。


と言うことらしい。気になる方は是非自分の目で見てくださいね。

もっと左方向を見る。相変わらずの断崖。
西伊豆は一貫してこんな景色だった。それでも飽きることはなくて、見る場所に寄って表情を変える。それがとても良いものと感じた。本来は夕日の中で見るのが良いのだろうけど、日中に見ても十分見ごたえのある景色だった。
20150811-DSC_0097.jpg

そして忘れてはいけない熊野神社。神社らしからぬ建物だけど、ちゃんとした神社らしい。
なお、このお姉ちゃん、カメラを構えてるのを見てるのに全然退いてくれなくて・・・。気が利かないというか何と言うか。
この神社は縁結びの神社らしいけど、ご利益はないんだろうなと思った。w
20150811-DSC_0098.jpg

さて、十分感応したし帰ろう。下田駅まで何気に15kmほどあるし。時間も良い時間だし。

来たときには気付かなかったけど、鳥居があった。意外と立派。
20150811-DSC_0106.jpg

それにしても、景色も良くて道路も良くて150km以上走ってきた割には良い感じで巡航できてはいるんだけど目的を達成した後の移動の辛いこと。w
しかも、何か催し物があるとのことで、下田駅周辺で交通規制があった影響で大渋滞。そして路肩が狭い狭い。
それでも慎重に車にぶつからないようにソロソロ走ること5kmほど。いや~神経使った。w

家を出発してから11時間。実装時間8時間弱で下田駅に。
電車の時刻やらを調べていたら、富士まで2時間以上かかると言うね・・・。もっと早く帰れるのかと思ってた。
そんなこと嘆いても仕方ないし、20分後に出発と言うことで急いでパッキング。
切符を買ったり、トイレに行ったりしていたら乗車の時間に。
ベストポジションを確保したから後はグダグダしてたら着く。
一日の出来事を思い返しながら岐路に着いた。

電車に揺られながら、ところてんを食べなかったことを思い出した・・・。
割と優先度の高い目的だったのだが・・・。コレはいつかリベンジしなくてはだな。w

終わって振り返ってみると実に辛く楽しい160kmオーバーのライドだった。
西伊豆=アップダウンなんて何となくは分かっていたけど、完全に舐めてた。
大小問わずコレでもかってくらいに続くにアップダウン地獄。
ただ、勾配も距離もそんなにないから助かった。でも獲得標高が2400mとか今頃知って目を疑ってるところ。
積極的には走りたくないけど、年に一回くらいならOKかも。
とは言っても、しばらくは結構ですね。

今度はどこ行こう。
終わり。

Posted on 2015/08/13 Thu. 22:13 [edit]

自転車  /  TB: 0  /  CM: 10

宇嶺の滝 

宇嶺の滝(うとうげのたき)に行ってきました。

結果的に、私が脚を引っ張ったライドになってしまいました・・・。
色々と考えさせられる事になったかなと。

時間の関係で、詳しくは後日。

何だかんだと色々あったライドでしたが、後日改めて。


ちょっと開いてしまいましたが改めて。

参加者は、良輔さん、カツさん、461さん、私の4名。

当日は朝に一仕事あったため、4時に起きてサクッと仕事。幸い何のトラブルもなく完了。
自走で待ち合わせ場所まで行こうと思ったけど、思いの外時間もなかったから大人しく輪行で行くことに。
各人色々と都合があって、待ち合わせは10時に静岡駅。

余裕を持って移動。

で、到着。

既に良輔さんが待ってました。

輪行解除しながら、前日に納車されたというニューマシンを拝見。
フレームはCARRERA NITRO SL。コンポは5800系105の11速。ホイールはMavicのキシリウムだったかしら。
カーボン柄に赤のカラーが良い感じ。レースからポタリングまで、多用途に楽しめるモデルという事らしい。
私が思うにとても良い選択だと思う。自分の乗り方を分かっている印象。
これからの自転車ライフが充実したものになるだろと思う。

461さんもSPD-SLになっていたり。

合う度に若干装備が変わっていたりして、間違い探ししているみたいで楽しかったり。
本当に細かいところでも、意外と分かるから不思議なもの。

ちなみに、カツさんと私のマシンには大きな変化はなし。

全員揃ったことで出発。でもコンビニでいきなりの休憩。
30分ほど雑談して出発。

ただ、ペースが速いこと・・・。
付いていくのに必死だけど、あっさり千切られるというね。w
まだまだ始まったばかりなのに先が思いやられる。

何度となく止まってもらい、その度に気を取り直して走り出すのだけど、直ぐに千切られてしまうの繰り返し。
もうね、暑い上に上りという以前に気持ちが乗ってこないというかひたすらに辛い。私の豆腐メンタルが本領発揮しまくり。w

途中の農の駅とやらで、しっかり目の休憩をしてアイスなどを食した頃にようやく落ち着いてきたかな。
それでも遅いことには変わらないんだけど、それまでよりかは登れるようになってきたかな。とは言っても、この辺あんまり記憶がないというね。

そんなこんなで、目的地の宇嶺の滝に到着。

そして、

な、

なな、

なななんと、

パンク

ですよ・・・。

いわゆるスローパンクってやつですね。
泣きっ面にハチと言うのか踏んだり蹴ったりというのか。。。

原因を探りつつチューブを交換したのだけど結局は原因は見つけられず。
良輔さんからCO2インフレーターを借りたりしながら15分ほどで作業完了。
一人だったら間違いなく挫けていたであろう状況だったけど、仲間が居るってだけで心強いこと。
なお、空気を入れる際に失敗して半分ほど噴出したのは良い思い出。残りの分はポンプでちまちま入れました。
何だかんだと無事にパンク修理も完了し滝を見に行くことに。

結構な悪路を下って滝つぼに到着。しばらく涼んだりしながら過ごす。
この時点で12時半ごろだったかな。結構いい時間。お腹が空いた。でも、山奥だから食事できるところがなくて・・・。
幸い下り基調だったから気持ち良く下る。
ようやく食事の出来そうな『ゆらく』に到着。
しかし、土日は入館料(500円だったかな?)が必要とのことで断念。食事するだけで入館料を払うのは納得がいかず・・・。

皆と相談して一番初めに出てきた食事のできるところに入ることに決めた。
割と直ぐに釜飯やらカレーやら食べられる場所があったので即効で入る。
各自好きなものを注文。私は冷やし中華を食べました。
多少生き返ってしばし雑談。

時間も押していたことから飛ばし目で帰る。
その途中で、フロントバッグが吹っ飛んだ。後ろにカツさんが居たけど、巻き込まずに澄んでホッとした。ただ、一歩間違えれば大変なことになっていたと思うわけで・・・。カメラやスマホにも被害がなくて良かったけども、大いに反省しなくては。

この後は、淡々と走って流れ解散などありつつ静岡駅へ。
大人しく輪行で帰りましたとさ。

それにしても、皆速くなってて参る・・・。
全体的にペースが速くてアップアップしているなか、涼しい顔して走っているんだもん・・・。
付いて行くこともままならず、パンクした挙句にフロントバッグが吹っ飛ぶっていうね。
何だかもう、色々と考えさせられると言うか単純に凹んだライドだったかな。
ただ、行った先の選定は良かったと思うし、宇嶺の滝も迫力があって満足はしている。

色々あったけど、終わってみれば楽しかったと思える。そんなライドを続けたいと思う。

Posted on 2015/08/10 Mon. 22:25 [edit]

ちょっと長野に行ってきた 2日目 

1日目はこちら

朝、目覚めて目を疑った。時間は8時。
予定では6時には出発しているはずだった・・・。
目覚ましをセットし忘れていた模様。何と言う失態。

まぁ悔やんでもしかたないから準備を始める。
前日に手洗いしたウェア類も乾いている。

私は泊りがけツーリングに行く場合、荷物を減らすために着替えは持っていかない。
宿について直ぐに手洗いして干せば朝には乾いている。この時期なら多少濡れていても気にならないから無問題。

サクッと準備してチェックアウト。ホテル前で輪行解除して直ぐに出発。

目指すは国宝。
お城のことはよく分からないけど、綺麗に整っている印象。
20150801-DSC_0153.jpg

自転車を入れて
20150801-DSC_0156.jpg

角度を変えて
20150801-DSC_0163.jpg

角度を変えて、その2
20150801-DSC_0166.jpg

どこの観光地でもそうだけど外国人が多い。
それでも、日本人と外国人の割合は半々だったかしら。
場所によっては外国人ばかりなんてところもあるから、それから比べると日本人多め。


あんまりゆっくりもしていられない。
先を急ごう。

行き先表示の通り右折。
ここからはK67をひたすら走る。

緩急をつけた上りに入る。
山深くなるにつれ10%を超える勾配が続く。
休み休み、少しずつ距離を消化していく。

が、まさかの通行止め・・・。
ある有名な自転車ブロガーではおなじみのこの光景。既に簿記簿記に折れてる心を粉砕させるには十分な一撃・・・。
帰ろうか、迂回路を通ってでも行くか。本気で悩んだ末、行くことに決めた。
20150801-DSC_0171.jpg

迂回することで、距離は伸びるし上りも増えることになる。辛いことに変わりはないけど、2日連続のDNFでは、わざわざ長野まで何をしに来たのか分からなくなってしまう。快く送り出してくれた家族に対しても申し訳ない。
残しておく脚も必要ないから無理してでも行こう!そう決めた。

林道という割にはしっかり舗装もされていて走りやすく、また車がほぼ通らない。
k67が険道(県道)だったからそれだけでも助かった。
それでもヒーヒー言いながら登ることになるのだけどね。w

途中に美ヶ原分校なるものがあった。名前こそ美しいけれど、グラウンドもなく校舎と呼べる建物は、さながら町の集会場のようにも見える。1000名を超える学校がある中、10名にも満たない学校もある。子供にとってはどちらが良いのかは分からないけど、親の立場から考えると多いに越したことはないと思ってしまう。人それぞれだからアレだけど私はそう思う。
20150801-DSC_0176.jpg

三城牧場なる場所。
王ヶ頭の電波等も見える。右に見えるのが王ヶ鼻か。
20150801-DSC_0180.jpg

牛が草を食んでいる。
20150801-DSC_0181.jpg

目的地まではあと少し。勾配も緩んで気力も湧いてくる。
20150801-DSC_0188.jpg

そして到着。扉峠。ここからは本命のビーナスラインを走る。なお、美ヶ原高原の電波等やら王ヶ鼻矢らには行かない。寝坊のせいで時間が押してるから・・・。目前にしての撤退。無念だけど自分が悪いから仕方ない。またの機会に取っておくと考えれば多少はやり過ごせるか。w
20150801-DSC_0192.jpg

何やら和風レストラン扉なるものがあるようで寄ってみた。
自転車乗りの方(TREKに乗っていたから以下Tさんとする)もいてしばらく談笑。伊那から来たというTさん。霧が峰に車を置いて走ってきたとの事。目指す方向が一緒だから途中で会うかもねなんて会話をしたり。
20150801-DSC_0196.jpg

おやき(写真を撮り忘れる・・・)を食べたり生ぬるい牛乳を飲んだり。
味的にはこれがおやきか~といった印象。可もなく不可もなく。牛乳はどこも同じ。もっと冷えてたら美味しかったと思う。
それにしてもお店のおばちゃんのがめつさと言ったら・・・。アレはどうだコレはどうだと買わせることに必死すぎ。ガツガツし過ぎて印象悪い。思えば昇仙峡にもいたっけこういう人。自ら客を減らしていることに気付くべきだ。
20150801-DSC_0198.jpg

しばらく休んでから出発。下りだと思ってたらまた上り・・・。気持ちの良いロケーションでテンションアップ。
20150801-DSC_0208.jpg

先ほどの方と再会。せっかくだから霧が峰まで一緒に走ることにした。
20150801-DSC_0219.jpg

地元の方からの見所やビューポイントなど解説してもらって見る景色は実に良いもの。この辺りからの景色が一番良いとの事。
20150801-DSC_0225.jpg

スケールが大きすぎて写真には収められず・・・。まぁ腕がないのも確かなんだけど。w
20150801-DSC_0224.jpg

和田峠の『農の駅』に寄ってしばし談笑。
このTさん中々アグレッシブな方で静岡方面にも走りにくるみたい。あと登山もやるといっていたな。
通りで体が締まってるわけですね。
20150801-DSC_0231.jpg

時間も押してることもあって、あんまりゆっくりしてられない。Tさんの先導で出発。

気持ちの良いスピードで下っていく。ずっと下りだと思いきや思いがけずアップダウンが激しい・・・。
でも、ちょうど良いスピードで曳いてくれて苦にはならなかった。一人だったら間違いなくグダグダになっていた。
20150801-DSC_0235.jpg

高原らしい場所を走っていることを実感する。本当に気持ちよい。
20150801-DSC_0240.jpg
20150801-DSC_0241.jpg
20150801-DSC_0250.jpg

そしてあっという間に霧の駅に到着。しばし談笑してTさんとはここでお別れ。車で弁当食って帰るとの事。w
なぜかこんな写真しかない・・・・。乗馬ができるみたい。
20150801-DSC_0252.jpg

名前も年齢も何も知らない同士にも関わらず、自転車に乗っているだけでこんなことも出来る。自転車に限らず、趣味って良いものだと再認識。それだけでグッと距離が縮まる。そういう物をもっているって強みだったりするんだろうな。
別れ際の『またいつか何処かで合えたら』なんて言葉、最高に格好良いと思うわけ。恐らく二度と会うことはないんだろうけど、コレばっかりは縁だからね。まさかの再会なんてことがあっても不思議ではないわけで。
出会いとは良いものですよ。いくつになっても。いや、この歳になったからこそ良さが分かってきたのかも。

さて、本来であれば車山方面に行く予定だったのだけど、時間も押していることから帰ることに。
900mほどを一気に下る。距離にして14km弱。
走りやすい路面環境もあって、スピードが出る。ブレーキを握る手が痛い。w
あっという間に下り終了。

ちょっとだけ時間があったら、茅野駅まで走ることに。

到着。

来週は茅野どんばんなるお祭り。この地域は『ぼんぼん』や『どんばん』など変わったネーミングが好きなのか???
20150801-DSC_0254.jpg

電車を調べると1時間ほど時間がある模様。
ということで、遅めの(14時ごろ)お昼ご飯。

長野っぽい食べ物と言う事で蕎麦を。ちょうど駅前にあったし営業中だったからね。

何だかところてんも名物のようで注文してみた。200円。
酸味があって美味しい。サッパリ食べられるね。この歳にして始めて食べたけど、コレは美味しかった。
20150801-DSC_0257.jpg

そして蕎麦。コレも美味。そして550円というリーズナブルな値段設定。
観光客相手と言うより、地元の人相手の店だからというのもあると思われ。
ちなみに、霧の駅のざるそばは、990円しましたから。
20150801-DSC_0258.jpg

お土産などを購入して帰路へ。

電車の窓からは、長野らしい入道雲が見えた。
20150801-DSC_0260.jpg
20150801-DSC_0262.jpg

色々あった2日間。
予定の半分ほどしか回れなかったけど結果的には満足。
せっかく行くのだからってアレもコレも詰め込みすぎた模様。
単純に予定が無謀だったということだ。そこは素直に認めたいところ。
次回以降、活かして有意義なツーリングができれば良いこと。

何度も挫けて、投げ出そうとした今回のツーリング。
それでも何とか踏ん張って目的の場所にたどり着いた。
今となってはあの苦しかった場面も、暑くて参った時間帯も良い思い出に変わる。
楽しかった。そうやって終われればオールOK。

今度はどこ行こう。

Posted on 2015/08/04 Tue. 11:27 [edit]

ツーリング  /  TB: 0  /  CM: 16

ちょっと長野に行ってきた 1日目 

ずっと暖めてきた今回のツーリング。
日程が合わずに行けないでいたのだが、チャンスは急に訪れるもので数日前に行く事に決めた。

そうと決まれば機材のメンテナンス。
具体的には、ハブのグリスアップやチェーンの清掃、シフトの調整やブレーキの調整などなど。
幸いなことに、出発前にブレーキ(ワイヤー)の不具合を発見。
不慣れだった左フロント、右リアの構成を元に戻して左リア、右フロントに変更した。

それと持ち物の準備など。とはいっても、財布とスマホがあれば、持ち物なんかは案外適当。
忘れたら購入すれば良いし、アレもコレもなんていってると荷物が増えてしまうからね。
この日は着替えも持たずに出かけました。

さて当日。
始発の身延線に乗るべく4時に起床。コーヒーを飲みつつ目を覚ましていく。
準備は整っているけど、持ち物については再確認したり着替えをしたり。
適当に過ごして出発。

どう見ても曇り・・・。天気予報では晴れるといっていたはずなのに・・・。
この先の工程を考えると不安だけども行くしかない。
20150801-DSC_0003.jpg

コンビニで朝食を買ったり、駅前でパッキングしたり・・・。気が付けば出発5分前というね。w
時間の読みが外れたのか、のんびりし過ぎたのか。何とか目的の電車にも乗れてしばらくは移動。

05:19発 甲府行き。

到着。38駅 2時間48分の移動。ホント何回乗っても辛い。w
20150801-DSC_0005.jpg

ここにきて天気も回復してきて一安心。
20150801-DSC_0011.jpg

乗り換え。
特急スーパーあずさ1号。
登山客がいっぱいワロエナイ\(^o^)/
20150801-DSC_0015.jpg

で、到着。茅野駅。
サクッと輪行解除して近くのコンビニで飲み物や補給食などを購入。
20150801-DSC_0020.jpg

駅前のSLを撮ってツーリングのスタート。
ちなみに、清里にも野辺山にも駅前にSLがあるよ。
20150801-DSC_0023.jpg

走り出して10分ほどで街中を抜ける。見慣れぬ行き先に心が躍る。
20150801-DSC_0028.jpg

少しずつ長野らしい景色になっていく。
空の青に、田んぼの稲の緑が映える。
20150801-DSC_0031.jpg

茅野駅前からK192⇒R152(メルヘン街道)⇒K191とつないで行く。
20150801-DSC_0037.jpg

いつのまにやら標高が1,300mというね。思いの外斜度もあるようでスピードが乗らない。
20150801-DSC_0043.jpg

そして御射鹿池に到着。
CMでも登場したことのあるこの池。人工のため池なのだけど、条件がそろえば美しい光景が広がるのです。
詳しくはこちらを⇒画像

以下、何枚か写真を。
20150801-DSC_0080.jpg
20150801-DSC_0060.jpg
20150801-DSC_0077.jpg
20150801-DSC_0079.jpg
20150801-DSC_0083.jpg

次の目的地に向けて先を急ぐ。

とはいっても上り。スピードが出ない・・・。標高も1,600mを超える。
20150801-DSC_0089.jpg

この後K192(ビーナスライン)に接続するのだが、別荘地を抜けることになる。この選択が大間違いだった。
以前もどこかの別荘地を走った際、道路の整備状態が非常に悪くて参った経験があったのだが、今回はその上を行ったかな・・・。
何がって、路面はガタガタで下りなのに15km/hほどしか出せない感じといったら伝わるのかしら?とにかくボコボコ。スキーのモーグルに出て来るようなコブが至る所に(大袈裟w)あるみたいな。
とにかく慎重に慎重に。何回も間違えて迷って砂利道を走ったりしながら何とかK192に接続。

この時点でボトルの水が2~3口分しか残っておらず、しかも先ほどのガタガタ道で気力まで削がれ・・・。
あと5kmほどで目的地なのに、そこに向かう気力が湧いてこず。と言う事で無念のDNF。

そうと決まれば、後は下るだけ。
散々苦労して上ってきたのに、下りの早いこと。w

去年も走ったこの道。そのときは充実感いっぱいで走ったことを思い出す。今日はさながら後悔か。
20150801-DSC_0098.jpg

入道雲が凄い。
20150801-DSC_0096.jpg

ダラダラと走って上諏訪駅に到着。ここから松本まで輪行。
20150801-DSC_0100.jpg

駅前の建物は解体中。駅前だから一等地のはずだけど・・・。地方にはよくある光景か。
20150801-DSC_0101.jpg

サクッとパッキングしてホームへ移動。
20150801-DSC_0107.jpg

先日のり3さんから頂いたサコッシュの登場。
小物を入れておくのに非常に便利。あると便利なアイテム。
20150801-DSC_0105.jpg

寒いほどに冷房の効いた電車に乗って松本に到着。
20150801-DSC_0119.jpg

駅前が騒がしい。それもそのはず、この日は『松本ぼんぼん』なるお祭りの開催日。
前日に宿を探していたのにどこも空きがなくて、松本って人気のあるところなんだ~なんて思ってたのだけど、色々調べてみたら分かったこと。それでも条件に合う宿が見つかったから予約したってわけ。
20150801-DSC_0120.jpg

チェックインして落ち着いてから出かけてみた。

ちなみにお祭り自体はこんな感じ。
松本ぼんぼん

小さな子供たちから
20150801-DSC_0121.jpg

ギャルまで。
20150801-DSC_0123.jpg

単純に参加して楽しいお祭りだね。皆楽しそうに踊っているから正直うらやましかったな。
若い子ほど楽しそうに踊ってた。

せっかくだから名物の山賊焼きなるものを頂く。
簡単に言うと鳥のから揚げだ。美味しいのだけど、確実に自分でも作れると思う。
20150801-DSC_0127.jpg

ビールを飲みながら1時間ほどブラついて部屋に戻る。

この辺りじゃ見れないほどの入道雲。大雨の被害が出た地域もあった模様。
20150801-DSC_0131.jpg
20150801-DSC_0133.jpg

全体的に上手くいかない日だったように思うけど、無事に一日を終えられたところから見ると、その都度その都度良い判断が出来ていたのかなと。特に夏場だから場合によっては命に関わることだってあるしダメージが大きければ大きいほどリカバリーまでに時間が掛かるし。
せっかく出向いた先で、しかも目的地を目の前に引き返すなんてのは難しいことではあるのだが無理したって良い結果なんて出てない。そもそも計画自体が無謀だったのかもしれない。色んな失敗をして次につなげる。それで良いのだ。

色々思うところはあるけれど満足した一日になった。
そんなことを考えながら一日目終了。


Posted on 2015/08/03 Mon. 12:07 [edit]

ツーリング  /  TB: 0  /  CM: 6

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンター

ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。