06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

趣味悠々

趣味のはなし

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

石室神社というところ 

(仕事中に)暇だな~なんて思いながら地図を眺めていた。
久しぶりにロングライドにでも出掛けようかな~なんて思いながら。

色々調べていたら、下田に石室神社なる気になる場所が。
気になるから行ってみるか。なんて軽いノリで行って来た。

工程としてはいたって簡単で、富士から石廊崎経由して伊豆急下田駅まで。そこからは輪行で帰るというもの。

距離としては160kmを超える上にアップダウンが多いから早めに出発することに。

で、5時半に出発。本当はもっと早く出たかったけど、前日のお酒の影響か気持ち悪くて準備に手間取る。
直前まで止めようかと本気で思ったり。w まぁせっかくだし、この日を逃すとしばらく行けそうにもなかったから頑張って出発。
この日は、タイヤの空気圧を高め、と言っても8.5barくらいにセットしてみた。

さて出発。

朝早いにもかかわらず既に暑い。w

いつものマリンプール前。この時期にしては珍しく?富士山が見えてる。
ちなみに、6時前だと言うのに既に並んでる客が・・・いくらなんでも早すぎるだろ。w
20150811-DSC_0006.jpg

淡島越しの富士山。なかなか良い感じ。
20150811-DSC_0009.jpg

井田トンネル。
20150811-DSC_0015.jpg

煌きの丘から。
20150811-DSC_0018.jpg
20150811-DSC_0019.jpg

出逢い岬から。
20150811-DSC_0020.jpg

これから向かう戸田の街並みが見える。
20150811-DSC_0026.jpg

港の前で休憩。アイスが上手い。ちなみに、このスポーツドリンクが不味すぎて不味すぎて・・・。
20150811-DSC_0028.jpg

フッと、土肥からフェリーに乗って清水に行こうかと考えて時刻を確認。その結果、乗船まで2時間ほど時間があることが分かってて却下。当初の目的通り、石室神社まで行くことに決めた。ただ、イザと言うときにエスケープは出来なくなるけど、あんまり心配しなかったかな。何故か行けると思ってた。何の根拠もなく。本当にヤバくなったら何処かに泊まれば良いなんて考えてたな。w

30分ほど休憩して出発。小土肥の景色。緑が濃い。
20150811-DSC_0032.jpg

旅人岬からだったと記憶。
20150811-DSC_0038.jpg

土肥の世界一の花時計。すぐそばに一応展望台らしきものがあるのだけど低すぎ。w
20150811-DSC_0042.jpg

ここから先は未知の領域。10数年前に一度車で通ったことがあるだけ。どんな景色が見れるのかワクワクする。

さすがに一人では寄れず看板だけ。w
20150811-DSC_0044.jpg

宇久須だったかな。この辺りはトンネルが多かったかな。一つ一つは短いのだけど、次から次へと。たまに長めが出てきたり。
そして、何気に車の通りが激しい・・・。土肥までは空いてて良いな~なんて思ってたのだけど。結局、下田まで車は多めだった。
20150811-DSC_0051.jpg
20150811-DSC_0055.jpg

堂ヶ島あたり。
20150811-DSC_0057.jpg

松崎。お腹が空いたから、そろそろお昼かな。
唐突にセカチューの世界が。。。そういえばこの辺がロケ地だったような。
20150811-DSC_0064.jpg

近くのお店へ。ご飯とか受け付けない感じだったから、ここまできてまさかの蕎麦。w
ところてんも食べたいと思っていたけど、このお店には置いておらず。まぁ道中何処かで食べられればよいかなと言う事であっさり諦め。
20150811-DSC_0066.jpg

せっかくだから『なまこ壁通り』なる所へ行くも何もなかった。w結局この地では見つけることができず。
若干道に迷いつつ、R136に合流。

海の色が青い事青いこと。
20150811-DSC_0068.jpg

猿の銅像がある休憩所?で。昔車で走ったときにも寄ったところ。眺めは最高。
20150811-DSC_0079.jpg
20150811-DSC_0076.jpg

この辺りから急激にペースダウン。何度も現れる上りに足も心も削られていく。
のぼりの距離的には1km行くかいかないか程度のものだけど、上ったら下る、下ったら上るの繰り返し。実に辛い・・・。
残り20kmほどなのに走れど走れど着かない・・・。我慢の走りが続く。

ヘロヘロになってようやく目的の場所へ。
イヤね、道案内が不親切すぎ。
R136からK16に接続したのは良いのだけど、そこから先、具体的には石廊崎灯台に向かう場所に案内板がないというね。
初めて訪れる人のことをなめてるのかしら?危なく通り過ぎるところだったよ。w

何とか無事に進んで、石廊崎灯台へ。車両は規制されているけど自転車はOKらしい。
ここにきて結構な斜度の坂をソコソコの距離は知らされるのだけどね。w

そして回りは観光客だらけでもちろん歩いて向かう中、一人で自転車に乗った男が一人とか相当浮いてたと思われ。
旅の恥は書き捨てと言うしあまり気にしない。w

そしてやっとのことで灯台に到着。本当にやっとの思いで着いた。
ここで自転車を置いて、この先は歩き。
20150811-DSC_0105.jpg

目的の場所は近い。
20150811-DSC_0083.jpg

サクッと到着。灯台からは直ぐそこだった。w
20150811-DSC_0104.jpg

こんなところにこうして建ってる神社。
20150811-DSC_0102.jpg

石室神社とは 
石室神社(いろうじんじゃ、いしむろじんじゃ)は、伊豆半島の最南端に位置する石廊崎の突端付近、静岡県賀茂郡南伊豆町石廊崎にある神社。石廊権現(いろうごんげん)や石廊崎権現(いろうざきごんげん)とも呼ばれる。古くは伊波例命神社(いはれのみことじんじゃ)とも呼ばれていたとされ、また祭神は現在では伊波例命(いわれのみこと)と云われるが、以下に記すように必ずしも定かではない部分もある。

尚、50メートルほど離れた岬の最突端には熊野神社(くまのじんじゃ)があるが、事実上ひとつの神社として扱われることが多く、本項では一緒に記載する。

wikipediaより

突端は直ぐそこ。
20150811-DSC_0101.jpg

そして伊豆半島最南端に到着。この先には海しかない。そんなことを思うとこみ上げるものが・・・特になかった。
ただ、ただ広く遠くまで見える。伊豆半島の最南端に自転車に乗って自分の足で辿り着いたことについては充実感で一杯だったのは確か。
20150811-DSC_0092.jpg

左のほうに目を転じると神子元島なる島が見える。ちゃんと灯台も見えた。
20150811-DSC_0093.jpg

この灯台、何気に歴史あるものみたい。
wikipediaによると
幕末に江戸幕府と列強との間で結ばれた改税約書(江戸条約)に基づき建設された、条約灯台と呼ばれる8基(観音埼、野島埼、樫野埼、神子元島、劔埼、伊王島、佐多岬、潮岬)のうちのひとつ。竣工は明治3年旧暦11月11日(西暦1871年1月1日)で、初点灯には三条実美、大久保利通、大隈重信ら明治の元勲と英国公使ハリー・パークスが来島し立ち会っている。灯台建設の監督はスコットランド人のリチャード・ヘンリー・ブラントン。下田から切りだされた伊豆石を精緻に積み重ね、目地には日本初の速成セメントが使われている。石造灯台では日本最古の現役の灯台であり[1][2][3]、国際航路標識協会 (IALA) が選定した「世界歴史的灯台百選」のひとつでもある。また日本政府により史跡に指定されている。等級は第3等群。

速成セメントに経年および風波による劣化がみられたため、耐震補強を兼ねた工事が1982年と1995年に行われた。炭素繊維などを使って灯台全体を補強した[2]。2007年から2008年にも電源設備を中心とした改修工事が行われた。


と言うことらしい。気になる方は是非自分の目で見てくださいね。

もっと左方向を見る。相変わらずの断崖。
西伊豆は一貫してこんな景色だった。それでも飽きることはなくて、見る場所に寄って表情を変える。それがとても良いものと感じた。本来は夕日の中で見るのが良いのだろうけど、日中に見ても十分見ごたえのある景色だった。
20150811-DSC_0097.jpg

そして忘れてはいけない熊野神社。神社らしからぬ建物だけど、ちゃんとした神社らしい。
なお、このお姉ちゃん、カメラを構えてるのを見てるのに全然退いてくれなくて・・・。気が利かないというか何と言うか。
この神社は縁結びの神社らしいけど、ご利益はないんだろうなと思った。w
20150811-DSC_0098.jpg

さて、十分感応したし帰ろう。下田駅まで何気に15kmほどあるし。時間も良い時間だし。

来たときには気付かなかったけど、鳥居があった。意外と立派。
20150811-DSC_0106.jpg

それにしても、景色も良くて道路も良くて150km以上走ってきた割には良い感じで巡航できてはいるんだけど目的を達成した後の移動の辛いこと。w
しかも、何か催し物があるとのことで、下田駅周辺で交通規制があった影響で大渋滞。そして路肩が狭い狭い。
それでも慎重に車にぶつからないようにソロソロ走ること5kmほど。いや~神経使った。w

家を出発してから11時間。実装時間8時間弱で下田駅に。
電車の時刻やらを調べていたら、富士まで2時間以上かかると言うね・・・。もっと早く帰れるのかと思ってた。
そんなこと嘆いても仕方ないし、20分後に出発と言うことで急いでパッキング。
切符を買ったり、トイレに行ったりしていたら乗車の時間に。
ベストポジションを確保したから後はグダグダしてたら着く。
一日の出来事を思い返しながら岐路に着いた。

電車に揺られながら、ところてんを食べなかったことを思い出した・・・。
割と優先度の高い目的だったのだが・・・。コレはいつかリベンジしなくてはだな。w

終わって振り返ってみると実に辛く楽しい160kmオーバーのライドだった。
西伊豆=アップダウンなんて何となくは分かっていたけど、完全に舐めてた。
大小問わずコレでもかってくらいに続くにアップダウン地獄。
ただ、勾配も距離もそんなにないから助かった。でも獲得標高が2400mとか今頃知って目を疑ってるところ。
積極的には走りたくないけど、年に一回くらいならOKかも。
とは言っても、しばらくは結構ですね。

今度はどこ行こう。
終わり。

スポンサーサイト

Posted on 2015/08/13 Thu. 22:13 [edit]

自転車  /  TB: 0  /  CM: 10

コメント

お疲れ様でした。

お疲れ様でした。
この厳しい暑さの中、160キロオーバーは堪えそうですね。
やっぱり伊豆は景色が最高ですね。
自分も行きたいです。
今度ご一緒させて下さい。
ディファイはトレーニング及び街乗りで乗ります。
自分にロードバイクの楽しさを教えてくれた、ロードバイクですからね〜

良輔 #- | URL
08/13 22:34 | edit

りゅうさん、おはようございます。

しかし、夏場の石廊崎までですか、
私は感覚的に海が遠くなるので、反時計周りは
したことないですが、雲見へのあたりから
キツかったんじゃないですか?海の色はかわるけど。
自販機補給も無くなるし。確か斜度も切り替わったはず。

そうそう石廊崎のあたりさびれまくって
わかんないですよね。駐車場の料金所なんて廃墟だし
それと灯台に自転車押してくと周りの視線痛い..

下田の規制はお祭りかなんかですかね。
お疲れ様でした。

三島の苔丸 #- | URL
08/14 03:37 | edit

Re: お疲れ様でした。

良輔さん

景色は良かったですよ~。西側にも良さがあることが分かりました。
私でも行けたくらいですから良輔さんなら余裕だと思いますよ。w
もっと涼しくなったら行きましょうか?

ディファイも大事にしてあげて下さいね~。

りゅう #- | URL
08/14 10:21 | edit

Re: タイトルなし

三島の苔丸さん

久しぶりにロングライドがしたくなったので・・・。
暑さは厳しいものがありましたが、日が長い時期でもありますから丁度良かったのかもしれません。
海の近さを考えれば時計回り一択ですね。ただ、朝から輪行と言う気にもならず・・・。

雲見の位置を地図で確認しましたが、ペースダウンした場所と一致していました。w
平均勾配も7.1%ほどのようですね。やたら辛かった記憶がありますが納得しました。

石廊崎、人気ないんですかね?せっかくのロケーションを活かしきれていないように見えました。
アレほどまで寂れているとは思ってなかったです。周辺の景色が良い分勿体無いな~と言った印象でした。

下田の規制は山随権現祭幡廻しだったと思います。私は早く帰りたかったので見学しませんでしたが・・・。w
普段行かないところに行くのは良い刺激になりますね。
それではまた。

りゅう #- | URL
08/14 10:39 | edit

この猛暑の中160kmは凄いです。
伊豆はアップダウン激しくて
体力削られますし。
涼しくなったら長距離更新するため
走りに行きたいと思います。

カツ #- | URL
08/14 12:38 | edit

お疲れ様でした。

お疲れ様でした。自分も
いつかは、伊豆半島を走ってみたいと思っています。南伊豆は釣りでしょっちゅう行ってるのでコースプロフィールは良く分かります。雲見から伊浜、妻良、入間まではアップダウンキツかったと思います。でも、石廊崎を過ぎて大瀬、下流あたりの平坦コースは眺めも良く気持ちの良いところですね。 石廊崎の先端部の柵を乗り越えて石鯛釣りに良く行きました。信じられないかもしれませんが あの断崖絶壁を降りて行きます。ダイナミックな風景が南伊豆の魅力です。ロードバイクで走るなら海岸沿いもいいのですが少し山に入るとのどかな田園風景がありなかなか良いサイクリングコースがあります。バサラ峠や一条たけのこ村などを通るコースはおすすめです。

のり3 #- | URL
08/14 12:45 | edit

この猛暑のなか160キロ!
海沿いの道は涼しそうで実は海からの照り返しなどもあり暑いのに。あのアップダウンの道を凄い。
下田までとはお疲れ様でした。
自分もSPD-SL化しましたよ。
SPDと使い分けて使用しようと思います。

まさひろ #- | URL
08/14 14:17 | edit

Re: タイトルなし

カツさん

本当に暑かったです。
西伊豆は本当にアップダウン地獄でした。w
知ってはいたけど、これほどとは思いませんでしたよ・・・。

もう少し涼しくなったら、泊り込みで伊豆半島一周や西伊豆往復なんかも良いかもしれませんね。
行くときはぜひとも誘ってください!

それではまた。

りゅう #- | URL
08/17 20:23 | edit

Re: お疲れ様でした。

のり3さん

伊豆半島、特に西側は本当に良い景色で辛くはありましたがたのしく走れました。
雲見以降は勾配も急になり辛かったです。実際走ってみたら、大瀬からは永遠と続くアップダウンの連続でした。
本当に最後の最後までアップダウンがあるといったイメージでしょうか?
ただ、ダイナミックな風景は西伊豆ならではで東伊豆とはまた違った趣のあるものでした。
石廊崎の先端部の柵を超えるとか・・・一歩間違えれば大変なことになりますね。
あの断崖絶壁を下りていくとか私にはよく分かりません。w

山に入るとまた違った風景が見れるのですね。断崖絶壁の海岸線も良いですが、田園風景もまた良いですね。
あの辺りについては、もう少しゆっくり見て回りたいものです。
少し時間が経ってから再チャレンジしてみたいと思います。w

それではまた。

りゅう #- | URL
08/17 20:37 | edit

Re: タイトルなし

まさひろさん

根性さえあれば暑さなんて大したことないです。w
ゆっくりマイペースのお陰か、そこまで暑さは感じませんでした。
一度は走ってみたいコースだったので私的には満足しております。

SPD-SLデビューですか?
また速くなってしまうのですね・・・。
足を引っ張らない程度に頑張ります。w

それではまた。

りゅう #- | URL
08/17 20:40 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ryudef3.blog.fc2.com/tb.php/169-5089f9d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンター

ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。