06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

趣味悠々

趣味のはなし

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

山梨県道811号日向宿線など 

先日、第二回グループライドで走ったコースを改めて走ってきましたので紹介します。中々奥の深い面白いルートですね。

スタートは富士川楽座から。
目の前の静岡県道・山梨県道10号富士川身延線(以下10号線)を上っていきます。
直進でも良いのですが、馬坂トンネルがあるので普段はこの交差点を左に入ります。
ただ、このトンネルは歩道があるので危険ではないです。
skr-DSC_0254.jpg

若干の上りですが、山と言うよりかは丘ですね。しばらく行くと第二東名の下を通ります。
skr-DSC_0252.jpg

しばらくは道なりにすすで行くと10号線に合流します。信号があるので左折すればOK。
そのまま進んでいくと釜口橋の交差点に出るので、左折します。目印は緑の橋でしょうか。
skr-DSC_0164.jpg

skr-DSC_0166.jpg

直進していくとT字路に出るので右折します。
skr-DSC_0168.jpg

右折後、即左折。
skr-DSC_0170.jpg

静岡県道190号塩出尾崎線に出ます。若干の上り勾配ですが気持ち良く走れますよ。車は飛ばしているので注意。
skr-DSC_0175.jpg

気持ち良く走っていると山梨県に入ります。富士川楽座から10km少々ですかね。
skr-DSC_0184.jpg

そのまま直進で国道52号にぶつかるので右折します。
skr-DSC_0186.jpg

左にそれる道が出てくるので左折。
skr-DSC_0187.jpg

左折した直後。後で分かったことですが、左が静岡県道192号・山梨県道807号宍原塩出線(以下192号線)で直進が山梨県道811号日向宿線だそうです。とりあえず直進して811号線を行きます。
skr-DSC_0189.jpg

こんな感じの狭い道ですが、車はほぼ通りませんので快適かと。当然のことながら油断せずに走ってくださいね。突然車が来たりしますので。w
skr-DSC_0191.jpg

上り基調ですが、ここまではそんなに勾配はきつくありません。この分岐を右に行くと突然10%越えの上りになります。きついですが無理せず淡々と。
skr-DSC_0193.jpg

ココも右へ。
skr-DSC_0204.jpg

こんなところにもちゃんとバス停はありますが本数が・・・。w
skr-DSC_0206.jpg

そして頂上あたり。このまま直進すれば52号線に合流します。急勾配で細い道路なので注意。
今回はUターンします。
skr-DSC_0200.jpg

んで、先ほどの分岐まで戻ってきました。今度は左へ。路面は綺麗で走りやすいですね。
skr-DSC_0193.jpg
skr-DSC_0207.jpg

気持ち良く走っているとまた分岐が出てきます。左へ。
skr-DSC_0209.jpg

面白そうな見道路があったので入ってみたところ。びっくりするくらい荒れていました。w川が溢れちゃった感じでしょうか?
いつの頃の被害かは分かりませんが一応手は入っているようですね。実は、この道が正規ルートだと思っていたのですが、林道だったようです。非現実的で不思議な感覚でした。
skr-DSC_0211.jpg
skr-DSC_0218.jpg
skr-DSC_0219.jpg
skr-DSC_0220.jpg

写真には撮っていませんが正規ルートに戻ったとたん急勾配です。10%超の勾配でしょうか。ココも無理せず淡々と。
しばらく上っていくと、ピークに出ます。どうやら登山口(貫ヶ岳=かんがだけ)のようですね。この看板の横にはトイレも完備されていました。
skr-DSC_0236.jpg

さて下り。突然の15%・・・。w 下りだったから良かったものを上りだったら泣けてきますね。しかも路面が良くない。無理せず慎重に。
skr-DSC_0242.jpg

突然192号線に合流しました。w 合流地点はT字路で、右折すれば元々予定していたルートでしたが工事中で通行止めということで左折。
skr-DSC_0244.jpg

路面も悪く、細いにも拘らずトラックなども走っていますので注意。
skr-DSC_0247.jpg

出てきた場所は、ココでした。w 写真にある左の道から出てきたことになります。
skr-DSC_0189.jpg

その後は時間の関係もあり、来た道を引き返しました。

今回の工程ですが、高々40km内に収まる距離ですよ。奥が深いというか変化に富んでいて実に楽しかったですね。
元々はミスコースしたのが始まりで、思いがけず走りやすい道路があってエグイ上りあり悪路ありで飽きなかったですね。
本来は192号線の様子を消化しようと思っていましたが、それはまた改めて。

興味がある方は一度走ってみてはいかがでしょうか?
それではまた。

スポンサーサイト

Posted on 2015/02/17 Tue. 11:19 [edit]

ルート紹介  /  TB: --  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

カウンター

ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。